吉崎・次場弥生公園

五百年間にわたる弥生世界のロマン。

北陸でも屈指の規模を誇る弥生ムラである国史跡の吉崎・次場遺跡を保存し、その一部を再現した野外博物館です。復元にあたっては、弥生時代中期にあたる約2000年前の環境と景観復元を試みました。溝に囲まれたムラに入り、ビジュアルな弥生文化に触れ、歴史を実感していただくことを目的としています。

縄文時代の能登半島に、米づくりの文化をもった人びとがやってきました。彼らは新しい道具をもち、土地を耕し、実り豊かな水田を広げていきました。そして、さまざまな地域との交流を通してムラは栄え、やがて小さなクニができました。こうして五百年間にわたり人々が暮らした環境と景観の歴史を感じることができます。

タグ

カテゴリー
#歴史・文化

基本情報

所在地
〒925-0021 石川県羽咋市吉崎町ウ19番地1
電話番号
0767-22-1118
FAX番号
--
営業時間/期間
タイムトンネルと復元建物は9時00分~17時00分
休業日
12月1日~2月末日は閉鎖
料金
無料
アクセス(車)
JR羽咋駅から車で5分
体験内容
 「弥生人講座・入門編,技術編,芸術編」があります。国指定史跡である吉崎・次場遺跡を整備した、「吉崎・次場弥生公園」を中心に、火おこしをしたり土器をつくったりして弥生時代の人々の暮らしを体験しようというものです。
受入人数
体験内容によって人数が違います。
関連リンク
公式サイト

※施設情報が変更される場合があります。最新情報は各公式サイト等をご確認ください。

マップを表示

このページを見ている人は、こんなページも見ています

ページトップへ
「令和6年能登半島地震」の影響による掲載内容の注意点
当サイトに掲載の情報については、震災の影響により更新が追い付いていないものがありますのでご注意ください。