二・七の朝市

室町時代から約400年続く飯田の朝市は、毎月「2」と「7」の付く日に市が開かれるところから、別名「ニ・七の朝市」と呼ばれる。早朝から午前11時頃まで約200mの大通りは市で賑わい、道の両側には、ハクサイ、ダイコン、リンゴ、カキ、ホウレンソウなど季節の新鮮な野菜・果物がズラリと並ぶ。安くて新鮮が売り物のこの市。雨の日も風の日も、そして雪の日も市に出て野菜を売る。

タグ

カテゴリー
#みやげ
#市場・朝市・直売所
#交通・案内所

基本情報

所在地
〒927-1214 石川県珠洲市飯田町大町通り
営業時間/期間
6時00分~12時00分(毎月2・7のつく日)
アクセス(公共)
北陸鉄道特急バス停「珠洲市役所前」徒歩5分

※施設情報が変更される場合があります。最新情報は各公式サイト等をご確認ください。

マップを表示

このページを見ている人は、こんなページも見ています

ページトップへ
「令和6年能登半島地震」の影響による掲載内容の注意点
当サイトに掲載の情報については、震災の影響により更新が追い付いていないものがありますのでご注意ください。