七尾軍艦所跡

幕末、海防の必要に迫られた加賀藩は、ヨーロッパから購入した艦船を七尾湾に浮かべました。これらの艦船は、白地に紺の剣梅鉢(前田家の家紋)の船印をつけたことから、「梅鉢海軍」と呼ばれました。その倉庫やドックとして建設されたのが七尾軍艦所です。七尾軍艦所は1862(文久2)年、七尾港の出崎(現在の矢田新町と万行町の境の海岸)に作られ、1871(明治4)年に閉鎖されました。現在、その跡には石碑が建っています。

タグ

カテゴリー
#歴史・文化
#史跡・文化財

基本情報

所在地
〒926-0015 石川県七尾市矢田新町
お問い合わせ先
七尾市教育委員会スポーツ・文化課
電話番号
0767-53-8437
FAX番号
0767-52-5194
料金
無料
アクセス(公共)
JR七尾駅から市内循環バスまりん号(東回り)で19分[七尾軍艦所跡前下車]
駐車場
なし
所要時間
5分

※施設情報が変更される場合があります。最新情報は各公式サイト等をご確認ください。

マップを表示

このページを見ている人は、こんなページも見ています

ページトップへ
「令和6年能登半島地震」の影響による掲載内容の注意点
当サイトに掲載の情報については、震災の影響により更新が追い付いていないものがありますのでご注意ください。