御陣乗太鼓無料実演【2023年4月29日(土)スタート】

序・破・急のリズムが心をゆさぶる

●石川県無形文化財
御陣乗太鼓(ごじんじょだいこ)は、輪島市の名舟町で伝承される陣太鼓です。

●御陣乗太鼓のいわれ
天正4年(西暦1576年)、現在の珠洲市三崎町に上陸した上杉勢は、各地を平定し天正5年、破竹の勢いで名舟村へ押し寄せて来ました。
武器らしいものがない村人達は、鍬や鎌で打ち向かったがさんざんな負け戦でした。そのような時、村の古老の指図に従い、樹の皮をもって仮面を作り、
海藻を頭髪とし、太鼓を打ちならしつつ、上杉勢に逆襲し、戦いを勝利に導いたといわれています。

この戦勝は舳倉島の奥津姫神の御神威によるものとし、毎年、奥津姫神社の大祭(名舟大祭・7月31日夜から8月1日)に仮面を被り、太鼓を打ち鳴らしながら、神輿渡御の先駆をつとめ、氏神への感謝を捧げる習わしとなって現在に至ります。

始めはゆっくり、次第に早く、最後はもっとも早く、即ち『序・破・急』の三段で打ち切り、各自が自由な形で見えを切り、面に応じ、個性を生かした芸を入れるのが御陣乗太鼓の見どころであり、聞きどころです。

タグ

カテゴリー
#文化・芸術イベント

基本情報

開催期間
2022年4月29日(金)~10月10日(月祝)
開催時間
20:30~20:50
所在地
〒928-0008 石川県輪島市マリンタウン6番1
お問い合わせ先
輪島キリコ会館
電話番号
0768-22-7100
FAX番号
0768-22-7101
営業時間/期間
20:30~20:50

実演日は4/29~5/8の期間中毎日、5月・6月の土日、7月・8月・9月・10月10日までの期間中毎日(ただし7/3・7/31・8/1は除く)
料金
鑑賞無料
アクセス(車)
・金沢から約2時間(のと里山海道経由)
・のと里山海道 のと三井ICから約20分
アクセス(公共)
金沢から輪島特急バスで約2時間30分乗車「輪島マリンタウン」下車 徒歩3分
駐車場
有(輪島キリコ会館駐車場)
所要時間
20分間
会場
輪島キリコ会館もてなし広場
関連リンク
公式サイト口コミサイト

※施設情報が変更される場合があります。最新情報は各公式サイト等をご確認ください。

マップを表示

このページを見ている人は、こんなページも見ています

ページトップへ
「令和6年能登半島地震」の影響による掲載内容の注意点
当サイトに掲載の情報については、震災の影響により更新が追い付いていないものがありますのでご注意ください。