体験レポート

 

花嫁のれん号の写真


 

11月1日(日)、観光列車「花嫁のれん」に乗車してきました!

14時15分に金沢駅を出発し、七尾駅で下車。
「花嫁のれん館」と、その近くにある人気のカフェを訪問しました。
19時半ごろに金沢駅にもどってくる行程です。

 

 

 観光列車「花嫁のれん」って? 
  

「花嫁のれん」は、金沢⇔和倉温泉間を走る、観光列車です。

加賀藩の領地だった能登・加賀・越中には、
花嫁の幸せを願い婚礼の日にのれんを贈る花嫁のれんという風習があり、現在もなお続いています。
この観光列車も、乗車した人々の幸せを願い「花嫁のれん」と名付けられました。


停車駅は、金沢・羽咋・七尾・和倉温泉です。
土日祝日を中心に、1日2往復・4便、運行しています。
 
 
  出発 到着
花嫁のれん 1号 金沢
10:15
和倉温泉
11:42
花嫁のれん 2号 和倉温泉
12:08
金沢
13:21
花嫁のれん 3号 金沢
14:15
和倉温泉
15:31
花嫁のれん 4号 和倉温泉
16:30
金沢
17:54


また、「花嫁のれん」では、お食事も可能です。
(※事前に食事券の購入が必要)
何時発の列車かにより、注文できるお食事が異なります。

花嫁のれん1号、3号ではスイーツセット(2,000円)、
2号では和軽食セット(2,500円)、
4号ではほろよいセット(2,000円)が注文できます。

運賃は、「金沢~和倉温泉間(通常期)」で、2,800円(乗車券:1,410円+指定席特急券1,390円)です。

今回の旅行ではスイーツセットも注文したので、1人4,800円(税込)でした。


※その他詳細は「
JRおでかけネット 観光列車の旅時間」でご確認ください。

 

  いざ、乗車! 


14:15発ですが、20分ほど早めにホームへ到着!
花嫁のれんがかけられており、ホームも花嫁のれん仕様です。


花嫁のれん号


北陸の伝統工芸である輪島塗や加賀友禅をイメージした外観は、うっとりするほど綺麗です。

2両編成になっていますが、今回は1号車に乗車しました。
いざ、乗車っ!


工芸品


1号車のエントランスには金沢金箔の装飾が施され、伝統工芸品が展示してあります。

そして1号車。


1号車車内


1号車への扉が開いた瞬間、ため息が漏れてしまうほど、素敵です。

1号車は8つの半個室があり、すべての個室が異なるデザインで彩られています。
他の方々よりも早めに乗車したので、すべての個室の柄をちらっと見ることができました。

私たちは、「青の間」でした!


内装


流水に菊の花びらを組み合わせた「菊水文様」があしらわれています。

ホームで写真を撮ったり、車内をゆっくりご覧になりたい方は、

少しお早めにホームへいくのがおすすめです!

ちなみに今回乗車しなかった2号車は、半個室のつくりになっている1号車とは異なり、オープンなつくりになっています。
窓側を向いているカウンター席などもあるそう。
次回はぜひ2号車にも乗車してみたいです!

そして、出発。

世界的に活躍するパティシエ辻口博啓さんの「ル ミュゼ ドゥ アッシュ」の
スイーツセットを予約していました!
コーヒーか、加賀棒茶かを車内で選べます。


チョコケーキ


さて、やってきたのは、チョコレートのケーキ。
チョコレートがとろとろで、レモンの風味も爽やか!!
コーヒーとの相性も抜群です。


スイーツセット


そしてお土産の、焼き菓子セット。


珠洲塩サブレや能登金時バウムなど、地元の素材を使ったスイーツが入っていました。
こちらも後日いただきましたが、どれも美味しくて美味しくて、2日で食べきりました・・・!(笑)


チケットホルダー


素敵なチケットホルダーもいただきました!

車内販売スペースもあり、
お菓子、珍味、伝統工芸品や、
オリジナルグッズなども販売されています。


七尾到着


「かわいい!」「おいしい!」「たのしい!」
と興奮しているうちに、あっという間に七尾です。


「花嫁のれん」は和倉温泉までいきますが、その手前の七尾駅で下車しました。

七尾駅に到着したのは15時25分ごろ。1時間10分の電車旅でした。


七尾到着


七尾駅にも花嫁のれん!

そして、七尾駅に降り立った私たちの目的は、
この花嫁のれんをたくさん展示している「花嫁のれん館」です!
 

 

 「花嫁のれん館」へ 


「花嫁のれん館」とは、花嫁のれんを展示している施設で、
七尾駅から歩いて10分ほどのところにあります。

 
10分程度の解説も希望すればしてくださるようで、お願いしました。


花嫁のれん館


花嫁のれんの風習は、幕末から明治にかけて、
加賀藩の領地である能登・加賀・越中で始まり、今もなお続いています。
花嫁は嫁入りの際に、実家の家紋を入れた花嫁のれんを、婚家の仏間の入り口にかけてくぐります。

常設展示室では、明治から平成の花嫁のれんを見ることができます。
その時代ごとに、色合い、生地、巾などに特色があるように感じられました。


七尾到着


写真撮影も可能で、スマートフォンでもこんなに綺麗な写真が撮影できます!

嫁入りの際の花嫁の覚悟が伝わってくる、そんな素敵な展示館でした。

 

 

 「Dining & Gallery ICOU」さんへ 


花嫁のれん館から歩いて5分程度。
花嫁のれん館の近くにある人気の古民家カフェ
「Dining & Gallaery ICOU」さんにお邪魔しました。


外観


レトロな外観がとってもステキです。
店内も、目に映るものすべてが可愛いおしゃれ空間・・・!


ギャラリー


ゆったりとした時間が流れて、ほっと落ち着くようなカフェです。


注文


メニューもどれもおいしそうで、選びきれませんが、
時間をかけて選んだのは「八女紅茶と有機スパイスのチャイ」です。


チャイ


器も素敵!
そしてスパイスが効いていてとっても美味しい!!

ランチやディナーもされているようなので次回はぜひ違う時間帯にも

来てみたい、そんな素敵なカフェでした。


 
「Dining & Gallery ICOU」
公式ホームページ

いこう





そして、帰りは七尾駅から金沢駅への普通電車で帰宅しました。
ローカル線も、久しぶりに乗ると心地よく。


とっても充実した一日になりました。