ホーム > 学校・法人向け > 修学旅行 > 里山里海で過ごす > 能登の里山で収穫を体験する

ここから本文です。

能登の里山で収穫を体験する

プログラム [里山里海で過ごす]

能登の里山で収穫を体験する

穴水まいもん体験農園では、春は菜の花、夏はひまわり、秋はコスモスの花畑が広がります。その広大な丘陵地に実るイチゴやスイカ、ジャガイモなど、季節の作物を収穫し、収穫の喜びや楽しさ、里山の自然を体感しましょう。

学習のねらい・学習効果

事前学習

  • 日本における第一次産業の現状と問題点について調べる。
  • 自分たちの地域の第一次産業について調べる。
  • 体験農園で収穫する作物について、収穫時期や収穫の基本作業について調べる。

事後学習

収穫における楽しさや感動は何か、農業体験のレクリエーション機能について話し合う。第一次産業について、能登と自分たちの地域とを比較し、さらに第一次産業の今後はどうあるべきか、話し合う。

感性をみがく学習ポイントや学習効果

農業体験を通して、生命を育み、食糧をまかなう生業である農業の大切さについて考え、人間が自然の恵みによって生きていることを実感します。

能登野菜

~ご当地限定の元気な野菜たち~

能登には、その風土を生かして栽培され、優れた品質と特長を有する能登野菜という当地限定の野菜13品目があります。それらの多くは昔から庭先で作られ、祭事や仏事の折り、伝統料理などに使われてきたものです。
能登野菜は、約30年以上前から栽培されている「能登伝統野菜」と、能登の代表的な「能登特産野菜」とに分類され、前者の中には、加賀藩時代、将軍家への献上品だった「沢野ごぼう」のように300年以上の歴史を持つものもあります。みなさんの地元でも、このようなご当地野菜がないか、調べてみましょう。

収穫した農作物を調理して食べることも可能

問い合わせ

ふるさと体験村「四季の丘」
穴水町字山中夕字37-10

収穫体験

TEL

0768-58-1320

体験施設

穴水まいもん体験農園

実施期間

5月~11月

体験時間

9時00分~15時00分

所要時間

60分

受入人数

25人

体験料金

入園料500円/人+収穫した分の費用

自炊型宿泊施設「四季の丘」

ピザ焼体験など採れた野菜でバーベキューをすることができます。

PDFでダウンロード(PDF:1,368KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。