ホーム > 学校・法人向け > 修学旅行 > 里山里海で過ごす > 里山で農村の暮らしに慣れ親しむ

ここから本文です。

里山で農村の暮らしに慣れ親しむ

春蘭の里では、民泊、収穫、魚釣り、薪割りなど多彩な農村体験メニューが用意されている

プログラム [里山里海で過ごす]

里山で農村の暮らしに慣れ親しむ

春、里のシンボル・春蘭が林縁を彩り、やがて田は苗の緑に埋まる、そんな美しい農村風景を見せる春蘭の里では、野菜の収穫や魚釣りなど農村の暮らしを体験できます。囲炉裏端で心尽くしの手料理を味わい、農家のお父さんお母さんと語らうのも楽しみ。日常にはない感動と発見を通して、生きる力を養いましょう。

学習のねらい・学習効果

事前学習

  • 春蘭の里がある能登町の自然、産業、特産品などについて調べる。
  • 日本の農村の過疎化について調べる。
  • 里山の自然保全の上で農村が重要であるのはなぜか、調べる。

事後学習

農村のさまざまな体験について感じたことを話し合う。
農村の暮らしの良さとは何か、自分たちの生活にも取り入れたいことは何か、について話し合う。
また、農村や里山保全をどう進めるべきか、話し合う。

感性をみがく学習ポイントや学習効果

農村の大切さや素晴らしさを体感したり、里の人たちのおもてなしの心を感じたりして、生きる力を鍛えます。里山の保全と農村の関係を学び、自然に寄り添う暮らし方や地域の知恵について考えます。

春蘭の里

~癒しの時間が流れる日本の原風景~

能登町の里山に30軒の民泊できる農家があり、野菜の収穫、山菜やきのこ採り、魚釣り、薪割りなど多彩な体験メニューを揃えています。集落内の山田川にはヤマメやウグイが泳ぎ、ホタルやムカシトンボなど多種の生きものを観察できます。何よりも、この里が素晴らしいのは、農家の温かいおもてなしです。能登のお父さんお母さん、お祖父さんお祖母さんに、きっと出会えるはず!

 

問い合わせ

農家での民泊・農村体験

春蘭の里実行委員会

TEL

0768-76-0021

体験施設

春蘭の里

実施期間

通年

受入人数

200人

体験料金

1,000円

宿泊料金

1泊2食付10,260円

すずなり

PDFでダウン ロード(PDF:1,559KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。