ホーム > 学校・法人向け > 修学旅行 > 温泉・自然に学ぶ > ブナオ山で野生動物を観察する

ここから本文です。

ブナオ山で野生動物を観察する

プログラム [温泉・自然に学ぶ]

ブナオ山で野生動物を観察する

ブナオ山観察舎は、冬期の野生動物を観察できる国内有数の施設です。
ニホンザルなどのほか、特別天然記念物のニホンカモシカや、時には天然記念物で絶滅危惧種のイヌワシも現われます。また、ミニ観察会では、雪上に動物の足跡を探します。指導員とともに、白山麓の生きものを訪ねてみましょう。

学習のねらい・学習効果

事前学習

  • 白山麓の森の成り立ちについて調べる。
  • 白山麓にはどのような動物が生息しているか調べる。
  • グループ別に、ニホンカモシカ、ニホンザル、ツキノワグマ、イヌワシについて、その生態を調べる。

事後学習

観察できた動物について、指導員の解説とあわせて、絵や文章でまとめ、発表しあう。

感性をみがく学習ポイントや学習効果

野生動物への興味を喚起し、観察能力を養います。指導員から動物の生態や森の生態系について話を聞き、コミュニケーション力を磨きます。

ブナオ山の動物たち

~ニホンカモシカやニホンザル~

雪に埋もれる冬期、草食動物は食べ物を得るのに苦労します。しかし、どんなに大雪でも、山の急斜面では、雪崩によって地表面が露出しているところがあります。そこでは、ススキの芽やササの葉などの食べ物を求めて動物たちがやってきます。ブナオ山では、ニホンカモシカ十数頭、ニホンザルの群れ4つが確認されています。それら動物たちを何頭見つけられるか、挑戦してみませんか。

冬の野生動物を観察できる施設は、国内では珍しい

問い合わせ

  • ブナオ山観察舎
    白山市尾添ソ72-5
    TEL/076-256-7250
  • 白山自然保護センター
    白山市木滑ヌ4
    TEL/076-255-5321

指導員の説明のもと、望遠鏡で動物を観察

実施場所

ブナオ山観察舎

実施期間

11月20日~5月5日

実施時間

10時00分~16時00分

所要時間

60分

受入人数

10~30人

体験料金

無料

ミニ観察会

TEL

0761-72-6662

実施場所

ブナオ山観察舎周辺

申込先

ブナオ山観察舎

実施期間

12月~4月までの土・日・祝日(積雪時のみ)

実施時間

10時00分~12時00分、13時00分~15時00分

所要時間

60分~120分

受入人数 何名でも可
体験料金 無料

PDFでダウンロード(PDF:1,469KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。