ホーム > 学校・法人向け > 修学旅行 > 温泉・自然に学ぶ > 豪雪地に暮らした先人の知を体感する

ここから本文です。

豪雪地に暮らした先人の知を体感する

プログラム [温泉・自然に学ぶ]

豪雪地に暮らした先人の知を体感する

白山麓の白峰地域は全国有数の豪雪地帯で、かつて出作りによる
焼畑耕作や養蚕が行われ、独自の山村文化を有しています。
白山ろく民俗資料館にはそれらの民俗資料が数多く展示されています。
往時の古民家や暮らしを訪ね、自然と共生していた先人の知恵を探求しましょう。

学習のねらい・学習効果

事前学習

  • 白峰地域の歴史や白山信仰について調べる。
  • かつての養蚕と焼畑農業について調べる。
  • 白峰地域の特徴(恐竜化石、自然、牛首紬)について調べる。

事後学習

白山ろく民俗資料館の古民家や民具などの見学と昔の暮らし体験について感じたことをまとめる。
自然と共生していた昔の暮らしの工夫や知恵について話し合う。

感性をみがく学習ポイントや学習効果

豪雪地ならではの暮らしの知恵や自然と共生した暮らし方を学び、現代の生活を見つめなおします。

白峰

~化石と独自の民俗を有する山村~

白山市白峰地域は原生林が広がる白山の西麓に位置し、白山登山の拠点です。恐竜化石の産地としても有名。見学施設には、白山ろく民俗資料館のほか、化石発掘体験ができる恐竜パーク白峰、国指定伝統的工芸品「牛首紬」の製造工程を見学できる白山工房があります。また白峰特有の古民家を利用した「雪だるまカフェ」では、ぼたもち、おろしうどん、かましいりこなど伝承の食を提供しています。

白山ろく民俗資料館は、江戸時代から明治にかけて建てられた6棟の古民家を移築復元し、昔ながらの白山麓の人々の生活を再現し、民具も多数展示している。

問い合わせ

資料館見学と生活体験

白山ろく民俗資料館
白山市白峰リ30

TEL

076-259-2665

体験施設

白山ろく民俗資料館

実施期間

5月~10月(木曜休館)

実施時間

9時00分~16時00分

所要時間

60分

受入人数

40人

入館料金 高校生以下は無料
体験料金 オバル染め(草木染)350円、わら細工 無料

PDFでダウンロード(PDF:1,500KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。