ホーム > 学校・法人向け > 修学旅行 > ものづくりに親しむ > 航空機のあれこれについて学ぶ

ここから本文です。

航空機のあれこれについて学ぶ

日本航空学園の実習には実物の航空機が使われる

プログラム [ものづくりに親しむ]

航空機のあれこれについて学ぶ

航空機には、機械、電気、電子、コンピュータなどの最先端技術が搭載されています。輪島市の日本航空学園能登空港キャンパスで、学生たちの技術実習を見学したり、コクピットの装備品に触れたりして、航空機のしくみについて学びましょう。

学習のねらい・学習効果

事前学習

  • 航空機のしくみについて調べる。
  • 航空機の歴史について調べる。
  • 航空機に関わる職業には何があるか調べる。

事後学習

航空機の技術やしくみについて新たに学んだことをまとめ、日本航空学園での体験でもっとも興味深かったことを話し合う。

感性をみがく学習ポイントや学習効果

コクピット見学という貴重な体験を通して、最新技術や航空機分野の職業に対する興味を喚起します。自分が知りたいこと、疑問に感じたことを、的確に聞き取れる能力を磨きます。

日本航空学園

~能登空港キャンパス~

日本航空学園は航空教育を行う学校としては日本最大。北海道の千歳、白老、石川県の能登空港、山梨県の甲斐、そして東京と、5つのキャンパスがあります。その中でも能登空港キャンパスは、空港に隣接した東京ドーム2.5個分の広大な敷地を有しています。国産旅客機“YS-11”をはじめ実機教材によるプロの現場に近い実習を行い、パイロット、キャビンアテンダント、航空整備士や技術者などに必要な技術を学ぶことができる、高等学校・専門学校一貫教育の学校です。

 

問い合わせ

日本航空学園能登空港キャンパス
輪島市三井町洲衛9部27-7

TEL

0768-26-2255

体験施設

日本航空学園能登空港キャンパス

受入期間

通年

体験時間

9時00分~16時30分

所要時間

60分

受入人数

100人

体験料金

無料

PDFでダウンロード(PDF:1,479KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。