ホーム > 学校・法人向け > 修学旅行 > ものづくりに親しむ > "まるぴぃ"で現代アートを体感する

ここから本文です。

"まるぴぃ"で現代アートを体感する

マイケル・リン《市民ギャラリー 2004.10.9-2005.3.21》2004年

プログラム [ものづくりに親しむ]

"まるぴぃ"で現代アートを体感する

「まるびぃ」の愛称を持つ金沢21世紀美術館は、現代アートに楽しく親しめる新しい形の美術館として、全国的にも注目されています。
無料で鑑賞できる恒久展示作品や展示会があることも人気の理由の一つ。
現代アートを見て、感じて、楽しく体験してみましょう。

学習のねらい・学習効果

事前学習

  • 金沢21世紀美術館のコンセプトや特徴を調べる。
  • 恒久展示作品について調べる。

事後学習

金沢21世紀美術館の楽しさや、また現代アートに関する発見などについて話し合い、自分たちの町の美術館と比較する。

感性をみがく学習ポイントや学習効果

巨大な花模様の壁画を眺めたり、プールの水中と水上で人が手を振り合ったりして現代アートを全身で体感します。

金沢21世紀美術館

~待ち合せ場所としても最適!~

4つの出入口が設けられ、円形ガラス張りの“まちに開かれた”美術館。
館内には大小の展示室が配置され、まるで迷宮のようです。オシャレなレストランやショップもあり、散歩がてらに立ち寄れます。また、高い天井に四角い開口部を設けたジェームズ・タレル《ブルー・プラネット・スカイ》では、額に納めたかのような空を眺められ、刻々と移ろう様子は見飽きることがないほど。「相手に待たされてもイライラしない」と、デートの待ち合せ場所としても、ひそかな人気です。

右の写真の色鮮やかな壁画も恒久展示作品の一つ。また、左の作品は、3色のガラスが渦巻状に立ち、間を自由に行き来できる

オラファー・エリアソン《カラー・アクティヴィティ・ハウス》2010年
© 2010 Olafur Eliasson

フローリアン・クラール《アリーナのためのクランクフェルト・ナンバー3》2004年

ミュージアムショップの様子

問い合わせ

金沢21世紀美術館
金沢市広坂1-2-1

TEL

076-220-2800

開館時間

10時00分~18時00分(金・土曜は~20時00分)

休館日

月曜(祝日の場合は翌日)

入館料

無料(展覧会観覧料は有料)

受入人数

団体鑑賞の場合は予めご連絡ください

見学時間

60分

PDFでダウンロード(PDF:1,641KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。