ホーム > 学校・法人向け > 修学旅行 > 城下町文化を訪ねる > 城下町大聖寺の古き町並みを訪ねる

ここから本文です。

城下町大聖寺の古き町並みを訪ねる

プログラム [城下町文化を訪ねる]

城下町大聖寺の古き町並みを訪ねる

加賀市大聖寺は、加賀藩の分藩・大聖寺藩の城下町。
鍛冶町[かじまち]、鷹匠町[たかじょうまち]などの町名が残る町割りは往時とほぼ変わりません。
旧大聖寺川を屋形船で下ったり、ボランティアガイドさんと古い町を歩いたりして、町並み保存に取り組む人たちの心意気を感じてみましょう。

学習のねらい・学習効果

事前学習

  • 加賀市大聖寺の歴史について調べる。
  • 大聖寺に残る古い建造物について調べる。

事後学習

町並み見学や川下り体験において、最も興味深かったことをレポートにまとめる。古い町並みを保存する意義について話し合う。

感性をみがく学習ポイントや学習効果

古い町並みの良さとこれを保存する意義について考えます。ボランティアガイドとのやりとりから、正確に話を聞き取る姿勢を身につけ、同時にガイドのおもてなしの心や気くばりを体感します。

加賀市大聖寺

~大聖寺藩城下町の面影を残す~

大聖寺藩の始まりは寛永16年(1639年)、石高は7万石(のち10万石)で、初代藩主は、加賀藩三代藩主前田利常の三男・利治でした。利治は、金山や銀山を開拓したり、九谷焼を興したりして、大聖寺藩の礎を築きました。また、幕府の一国一城令により、お城は廃され、藩邸跡地に陣屋(藩庁)が置かれました。現在、大聖寺には、城下の防塞として集められたといわれる山ノ下寺院群、藩主の休息所だった長流亭、北前船主屋敷を移築した蘇梁館など、往時の建築が残っています。

旧大聖寺川の川下り体験では、船頭さんの姿に扮装し、屋形船の櫓を漕ぐこともできる

問い合わせ

ボランティアガイドと町並み散策

大聖寺観光案内所

TEL

0761-75-7700

受入期間

通年

受入時間

9時00分~17時00分

受入人数

100人(15名にガイド1人)

所要時間

30分~半日(ご希望に合わせて)

体験料金

1,000円(ガイド1人あたり)

城下町大聖寺川流し船

NPO法人歴町センター大聖寺・川下りの会
加賀市八間道87

TEL

0761-72-6662

実施場所

八間道船乗場

実施期間

3月~11月(12月~2月は貸切専用)

運航時間

  • 月・水・木・金曜…9時00分~13時00分(午後は完全予約)
  • 土・日曜・祝日…9時00分~17時00分(最終乗船16時00分)

乗船定員

8人(9人以上は要相談)

所要時間

30分~40分

乗船料金 中学生以上1,000円、小学生500円

PDFでダウンロード(PDF:1,642KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。