ここから本文です。

郷土料理笹寿司づくり体験

郷土料理笹寿司づくり体験

石川県白山市伝統の押し寿司「笹寿司」

 太平洋側にはない押し寿司文化発祥の地といわれている白山市鶴来(つるぎ)では、伝統の郷土料理「笹寿司」を秋季祭り「宝来祭り」(ほうらいまつり)の時期になると、各家庭で作ります。「おはぎ屋」では延命長寿の霊水として名高い「白山百年伏流水」と「宝来米」を使った美味しい笹寿司作りを通年体験することができます。作った笹寿司はお土産にもなります。

笹寿司作りプログラム

・白山比咩神社表参道「おはぎ屋」集合笹寿司の伝統、白山の恩恵を受けて生活している白山信仰、歴史、食文化、食文化についての説明を聞きます。


・準備された具材料セット(魚の切り身、桜エビ、黒ゴマ、紺のり、ショウガ)を寿司飯の上に並べる。


・笹の上に、具を乗せた寿司飯を乗せて、笹で巻き込むように包む。


・箱にすき間のないように詰め込み、上から蓋をして、重しなどで圧をかける。携帯用には太い輪ゴムで抑える。約半日で食べ頃です。完成品はお土産になります。


お問い合せ先

おはぎ屋
石川県白山市白山町レ−122−1
TEL/ 076-272-5510  FAX/ 076-272-5510
■受入期間/通年
■受入人数/40人まで
■駐車場/普通車20台 大型バス3台
■営業時間/9:00~16:30
■所要時間/40分
■料金/1人1,000円
■その他/1週間前までに要予約

郷土料理笹寿司づくり体験(PDF:224KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。