国立工芸館 実演+トークショー「記憶や思い出の中の風景を可視化すること」

国立工芸館の展覧会「心象工芸展」(9月6日~12月1日)に関連し、

出品作家の中川衛氏をお招きし、「記憶や思い出の中の風景を可視化すること」をテーマに実演していただきながらお話を伺います。


【日時】

2024年9月21日(土)

13:30~15:00


【会場】

国立工芸館 多目的室

(石川県金沢市出羽町3-2)


【定員】

45名(要申込・先着順)


【申込方法】

※6/18(火)9:30~受付開始 

申し込みフォーム

または電話(兼六園周辺文化の森等活性化推進実行委員会 076-225-1371)



【講師略歴】

中川 衛 氏

(重要無形文化財「彫金」保持者) 


金工作家

1947年石川県生まれ。1971年金沢美術工芸大学産業美術学科卒業。

大学卒業後は松下電工株式会社(現・パナソニック株式会社)にプロダクトデザイナーとして就職。

27歳で金沢に戻り、加賀象嵌に魅了されて彫金の道へ入る。高橋介州に師事。

2004年に戦後生まれとしては初となる重要無形文化財「彫金」保持者に認定される。

中川が注ぐ風景へのまなざしは、象嵌の精緻な彫り込みによって普遍的な情景となり、国境を越えて人々の心を打つ。

本展では、「重ね象嵌」に本格的に取り組んだ記念碑的な作品から最新作までを展示する。


【司会】岩井美恵子(国立工芸館工芸課長、本展企画者)


【連絡先】

兼六園周辺文化の森等活性化推進実行委員会(石川県文化振興課内)

076-225-1371(平日9:00~17:00)

bunkanomori@pref.ishikawa.lg.jp

タグ

基本情報

開催期間
2024年9月21日(土)
開催時間
13:30-15:00
所在地
石川県金沢市出羽町3-2
お問い合わせ先
兼六園周辺文化の森等利用促進実行委員会(石川県文化振興課内)
電話番号
076-225-1371
アクセス(車)
北陸自動車道、金沢西ICまたは金沢森本ICから20~30分
アクセス(公共)
JR金沢駅東口(兼六園口)からバスをご利用の場合
●路線バス
3番乗り場:乗車(約12分)、「広坂・21世紀美術館(石浦神社前)」下車徒歩7分
6番乗り場:乗車(「柳橋」行を除く)(約12分)、「出羽町」下車徒歩5分
8番乗り場:乗車(約11分)、「広坂・21世紀美術館(しいのき迎賓館前)」下車徒歩9分

●城下まち金沢周遊バス
7番乗り場:
右回りに乗車(約18分)、「広坂・21世紀美術館(石浦神社前)」下車徒歩7分
左回りに乗車
(約20分)、「広坂・21世紀美術館(石浦神社向い)」下車徒歩7分

●まちバス ※土日祝のみ運行
5番乗り場:乗車(約20分)、「金沢21世紀美術館・兼六園(真弓坂口)」下車徒歩約7分
駐車場
近隣文化施設との共用駐車場(約230台・無料)をご利用ください。
予約はできません。国立工芸館から近い順は以下のとおりです。

第3駐車場(石川県立歴史博物館駐車場)45台 徒歩1分
第2駐車場(石川県立美術館駐車場)60台 徒歩約3分
第1駐車場(石川県立能楽堂駐車場)128台 徒歩約4分

※施設情報が変更される場合があります。最新情報は各公式サイト等をご確認ください。

マップを表示

このページを見ている人は、こんなページも見ています

笑い飯の楽しい仏教美術トークショー
笑い飯の楽しい仏教美術トークショー
https://www.hot-ishikawa.jp/kenrokuen-bunkanomori/event/detail_22919.html
石川県立歴史博物館 夏季特別展「知の大冒険 ―東洋文庫 名品の煌めき―」
石川県立歴史博物館 夏季特別展「知の大冒険 ―東洋文庫 名品の煌めき―」
https://www.hot-ishikawa.jp/kenrokuen-bunkanomori/event/detail_22925.html
本多の森公園(国立工芸館前広場)にキッチンカーがやってくる!
本多の森公園(国立工芸館前広場)にキッチンカーがやってくる!
https://www.hot-ishikawa.jp/kenrokuen-bunkanomori/event/detail_22999.html
ページトップへ
「令和6年能登半島地震」の影響による掲載内容の注意点
当サイトに掲載の情報については、震災の影響により更新が追い付いていないものがありますのでご注意ください。