まちのりで「金石大野」を走ってみた!

電動アシスト自転車を使って金沢の港町をぶらり旅♪

編集部スタッフが電動シェアサイクルを使って巡ってきた金石大野エリアの魅力をご紹介します!

まちのり」は、複数のサイクルポートのどこでも借りられて、どこでも返せる公共シェアサイクルサービスです。
サイクルポートは、中心市街地はもちろん、周辺エリアにも多数設置。
誰でも気軽に利用でき、ご旅行中の移動や散策にも便利です♪

金沢港クルーズターミナル

海風を感じる絶景ターミナル!
石川県の新しい海の玄関口として、2020年に開業したばかりの金沢港クルーズターミナルを訪れました。白を基調にしたターミナルは青空にとっても映えていました!屋根は日本海の白波の形をイメージした、ゆるやかなカーブになっています。また、全面ガラス張りの海側からは日本海が一望でき、絶景です♪
まちのりのサイクルポートにもなっているので、ここからまちのりを借りて金石大野エリアを自転車で巡ることもできますよ。
金沢港まなび体験ルーム
こちらの金沢港まなび体験ルームでは、クイズコーナーや学習コーナーがあり、大人の方もお子様もタッチパネル等を使って、金沢港について楽しく学ぶことができます。また、操船シミュレーターでは、船上から見た金沢港を再現しており、時間帯や天候を変えて大きな船の疑似操作を体験することができますよ。
とっても爽快な眺めです!
展望デッキから日本海を一望できました!こちらの展望デッキはとっても広々としていてベンチもあるので、爽やかな海風を感じながら気持ちよく休憩できます。クルーズ船の見学やお見送りのほか、結婚式などのイベントも行われるそうですよ!
鏡越しにパシャリ☆
金沢港クルーズターミナル内にあるレストラン、「海の食堂 BayArce」さんの外側にある鏡でパシャリ☆インスタ映えな写真を撮ることができました~!
「海の食堂 BayArce」さんでは、どの席からも海が見えるような工夫がされており、全席オーシャンビューなんだとか…!

ヤマト醤油味噌・糀パーク

糀の力を見て学んで食べて体験!
日本の伝統食である糀を使った発酵食品の良さを広めたいと、様々な食品の製造を行っているヤマト醤油味噌さんを訪れました!活きた「一汁一菜に一糀」のライフスタイルを広めて発酵食美人を増やしたいという思いで、食品の製造や食堂、体験活動など多様な取り組みが行われています。
今回は、ガイドツアーで見て学んで、発酵食美人食堂で食べ、糀の力を存分に感じてきましたのでご紹介いたします。
糀の手湯体験
ヤマト醤油味噌さんの糀ドリンク「一日一糀」が入った糀の手湯を体験しました。少しお湯につけただけなのに、ふわふわ・もちもちな肌になりびっくり!その後は糀のハンドクリームを塗らせていただき、糀の力でしっとりとした肌になりました!はと麦、紫黒米、玄米を糀で発酵させ抽出したエキスが使用されたハンドクリームは、しっとりしているのにさらっとした使用感だと好評とのことです!

※糀の手湯体験は糀蔵ガイドツアー(無料)の参加者のみの体験となります。

ヤマト醬油味噌 北島さんにインタビュー!

ヤマト醬油味噌 北島さんにインタビュー!

Q. 北島さん自身は糀の健康・美容効果をどのように感じますか?

A. 元々乾燥肌でアトピー持ちだったのですが、糀を取り入れるようになってからは化粧水を忘れても平気なほど、保水力のある肌に生まれ変わりました。また、ヤマト醤油味噌の女将も、テニスを行っていたこともあり日焼けをしていたのですが、今では糀の力で真っ白な肌になっています。継続して糀を取り入れることで、保水力や美白効果は目に見えて感じられると思います。
 また、糀には腸内環境を良くする働きがあり、免疫力がアップすることでうつ病の防止にもなります。料理教室などの活動を行っている『糀部』に参加されている方々も、みなさん本当に元気で明るいので、これも糀の効果ではないかと感じております。


Q. 大野地域の魅力を教えてください。

A. 昔から醤油の町として栄えていたので、蔵同士のつながりがあり、団結力が強いところです。大野日吉神社で開催されるお祭りも、毎年地域の人がたくさん集まり、獅子舞など大迫力でとっても盛り上がります。また、クラフトジンの蒸留所である「Alembic大野蒸留所」さんとも、発酵食品つながりということで関わりがあります。
 このように人と人のつながりが濃いところがいいところだなと感じますね。

【歴史や⽂化の魅⼒がたっぷり詰まった⾦⽯】

歴史や文化に思いを馳せる自転車旅!
金石は昔ながらの街並みや多くの文化的な建物が残っています。
かつて金沢の海の玄関口でもあった港町の記憶をたどりながら周ってみるのはいかがですか?
自転車であれば細い道沿いにある建造物も目の前まで簡単に行けるので便利!
今回は金石在住の河合紗那さんに案内していただきました。
地元の方の説明をお聞きしながら周ってみると新たな発見がたくさんあり、より一層楽しむことができました♪

【金沢21世紀美術館 金石スタジオ】

金沢21世紀美術館が進めている金石大野芸術計画の拠点となっている金石スタジオへ!
金沢21世紀美術館が進めている金石大野アートプロジェクト。
アーティストと地域が刺激しあい、新しい「何か」が生まれるきっかけとなることを目指して始めた活動だそうです。
アーティストが金石に滞在し、その地域の素材を生かした作品を作ったり敷地の畑を無料で開放し地域の方々との交流の場にしたり...!
お話を聞いているだけでもワクワクする面白い企画ばかりでした。
いつでも誰でもふら~っと立ち寄れる自由で温かい雰囲気のスタジオなのでぜひ立ち寄ってみてください♪

【金石のカフェ、グルメ情報】

港町ならではの素材が詰まったカフェやグルメ情報をご紹介♪
醤油や味噌の製造が盛んな地でもある港町だからこそ生まれるこだわりの味噌を使った定食や犀川沿いのロケーションを生かした眺めの良いカフェなど一息つくにもおすすめなお店が盛りだくさん♪
2012年に「世界で最も美しい公共図書館25選」に選ばれたことでも有名な「金沢海みらい図書館」を訪問後のアクセスも良し☆
石川県民の注目度も上がっているエリアです!
蔵カフェ「咲蔵」
100年の蔵をリノベーションした蔵カフェ「咲蔵」。
リノベーションはすべて店主のご主人がなさったのだとか。
器も一部店主自ら作ったものを使用するなどこだわりが詰まっており地元住民の方にも親しまれているお店です。
珈琲はアリーカフェさんの高品質なお豆を使用。
甘さ控えめのフレンチトーストや食材にこだわった軽食もおすすめです♪