厳選夕日スポット

日没時間はしっかり確認して

日本海に向けて北東に突き出た半島を持つ石川県は、西に海を望む長い海岸線を持つため、海岸沿いに無数の夕日スポットが点在します。砂浜からリアス式海岸まで変化に富んだ地形が、夕暮れ時にはそれぞれに美しい風景を描き出すのです。海岸から見る夕日だけではなく、視界の開けた丘陵地から市街地越しに海に落ちる夕日も格別です。ただし、北陸は夏も冬も雲が多い土地柄。その分、日没時間に合わせて出かけて、綺麗な夕日に出会えた時の感動が大きいのです。

加佐の岬

数ある石川の夕日スポットの中でも定番中の定番、加佐の岬は、加賀の海岸線の中で最も日本海に張り出しています。この近くにある橋立漁港に向かって航行する船舶の安全のため、岬の先端に灯台が設置されています。左右に海を見る絶景で、遮るもののない海に沈んでいく夕日の美しさは格別です。天気のいい日の夕方にはその瞬間を狙ったカメラマンたちがベストポジションで待機しています。

才田大橋からサンセットブリッジ内灘と金沢医科大学病院を望む

河北潟にかかる才田大橋から、望遠で湖の対岸に沈む夕日を狙うと、内灘大橋(サンセットブリッジ内灘)や金沢医科大学の建物が、暗いシルエットのように浮かび上がります。大きな夕日がそのまま海に沈む姿も雄大ですが、こんなふうに建物や丘陵の陰を映しながら沈む夕日もフォトジェニックです。

羽咋郡志賀町 機具岩

「はたごいわ」と読みます。夫婦のように寄り添う大小二つの岩がしめ縄で結ばれている様子は、伊勢の二見岩と似ているため、「能登二見」とも呼ばれます。しめ縄に引っかかるような夕日、波に浸食されてドーナツ状に空いた女岩(大きい方)の穴から覗く夕日、海上に現れる神様の道など。日没時には毎日、太陽と海と二つの岩が絡み合い、神々しい絵を描き出します。

徳光PA(下り方向)の展望台

北陸自動車道の下り(米原から新潟方向)を走ると、尼御前を過ぎたあたりから左に海を見ながらのドライブになります。日没前に徳光PAの2階展望台に着くように時間を調整して行くと、海に落ちるとびきりの夕日を、特等席で眺めることができます。ここから海岸に降りることもできるので、季節と気温によってはビーチから人のシルエットを入れてのショットもお洒落です。上り路線や下道からでも、徒歩で陸橋を渡って下り側に出ることができます。

大乗寺丘陵公園

金沢の南部に重なる緩やかな丘陵地から、市街地越しに日本海に沈む夕日が見られるスポットです。街がオレンジに染まり、そのままゆっくりと暗い影に沈んでいく一刻一刻を写真に収めるのは難しいけど、時々奇跡のように面白い瞬間が写ることがあります。それを狙ってここに通う地元のカメラマンもいるようです。1月、2月と降雪時は閉鎖となります。