冬の夜のマジカルセッション“出逢い”

石川の冬の夜が、音楽とアートに彩られる魔法の三十日間。

幕政期から文化・伝統を継承し発展してきた石川。<石川ロックサミット>からはじまった石川発の音楽知的文化の発信が、伝統と革新の融合する新たなイベント≪冬の夜のマジカルセッション“出逢い”≫として結実。石川の終わらない冬の夜、ひとつひとつの瞬間が歴史の一部として語り継がれていきます。

※2月29日(土)に開催を予定していた「天使の舞い降りる夜」は、新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、中止します。
 公演中止に伴うチケットの払い戻しは、ケィ・シィ・エスまでお問い合わせください。
 TEL076-262-2611(平日のみ10:00~18:00)

KYOKA 音・語り ≪「滝の白糸」より≫

泉鏡花の世界が情緒あふれる新内節と朗読で立ち上がる
泉鏡花の生涯最後の作品「縷紅新草(るこうしんそう)」の舞台としても知られる蓮昌寺(れんじょうじ)は、天正10年(1582年)創建。金沢三大仏のひとつに数えられる丈六の釈迦如来立像を安置し、眼下に市街を眺められる山門は金沢市指定有形文化財となっています。鏡花ゆかりの寺で、鏡花の世界に誘われる夢の時間をお過ごしいただけます。

【出演者情報】
・篠井英介◎朗読
・新内多賀太夫◎新内節

写真提供:金沢市

金沢城とROCKの夕べ

ライトアップされた金沢城公園の夜の姿を眺め、松任谷由実らが選曲したロックを極上の音響で楽しむ。
2017年に完成した鶴の丸休憩館は、石川県産の木材を使用した現代的な和風デザインとなっており、館内からはライトアップされた金沢城菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓を見渡すことができます。金沢城公園の夜の姿を眺めながら、松任谷由実と立川直樹が選曲したロック音楽をテクニクスの最高級オーディオで聴く贅沢なひと時をお楽しみいただけます。
金沢城・兼六園四季物語 冬の段

金沢城・兼六園四季物語 冬の段

金沢城公園、玉泉院丸庭園、兼六園の3箇所を期間限定でライトアップする「金沢城・兼六園四季物語 冬の段」を開催!
金沢城公園では石川門や河北門、菱櫓などが照らされます。兼六園では冬の風物詩である「雪吊り」と、降雪時には、幽玄な「雪景色」を楽しめるほか、徽軫灯籠、唐崎松、噴水などをライトアップします。
ライトアップ実施期間中は入園無料となっておりますので、普段は入れない、夜の兼六園をお楽しみ下さい!

【期間】2020年1月24日(金)~2月2日(日)、2月8日(土)~16日(日)  
【時間】17時30分~20時45分(閉園は21:00)
 

天使の舞い降りる夜(公演中止)

特別な場所で行われるクラシック演奏
大正末期から昭和初期にかけて日本各地でカトリックの教会堂建築を手がけたスイス人建築家マックス・ヒンデルが設計し、昭和6年(1931年)に完成、西洋と日本の感性が調和したユニークな建築物として、平成18年(2006年)に金沢市文化財に指定された金沢聖霊修道院聖堂で行われるスペシャル・ライブ。木造で再現されたロマネスク様式の建物に溝口肇のチェロと加藤純子のチェンバロの調べが美しく響き渡ります。

【出演者情報】
・溝口肇◎チェロ
・加藤純子◎チェンバロ

※2月29日(土)に開催を予定していた「天使の舞い降りる夜」は、新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、中止します。
公演中止に伴うチケットの払い戻しは、ケィ・シィ・エスまでお問い合わせください。 TEL076-262-2611(平日のみ10:00~18:00)

『冬の夜のマジカルセッション“出逢い”』協賛企画

石川県美川町(現:白山市)で生まれたブルースシンガー・浅川マキが突然この世を去ってから10年。その声と詩とメロディがひとつになって生み出されたブルースは多くの人の心を掴み続ける。マキの歩んだ長い道のりを振り返るトリビュートコンサートや写真展が金沢で開催される。