歴史に彩られた加賀の食文化

百万石の食文化を堪能する「加賀料理」と「和菓子」

地元産の新鮮な海や山の幸と、北前船で運ばれる交易品などを融合した食文化から生まれた「加賀料理」。九谷焼や輪島塗などの伝統工芸の器に四季折々の新鮮な食材が盛り付けられた華やかな料理です。加賀百万石の食文化を目で楽しみ、舌で味わうことができます。加賀料理には欠かせない「加賀野菜」、茶の湯文化とともに地元の人たちに愛された「和菓子」を紹介します。

代表的な加賀料理「治部煮(じぶに)」

金沢名物のすだれ麩を使ったあんかけ風煮物
鴨肉(鶏肉)に小麦粉をまぶし、金沢独特のすだれ麩や野菜を甘辛く煮込んだ「治部煮(じぶに)」。だし汁には適度なとろみがついており、薬味としてわさびが添えられています。「治部椀」と呼ばれる専用の器が用いられるなど、加賀料理の代表的な一品です。

地元民に愛された郷土料理「かぶら寿し」

寒ブリの旨味を米麹の優しい甘さが包み込む!
「かぶら寿し」は塩漬けしておいた「かぶら(カブ)」の輪切りに寒ブリの身をはさみ、麹で漬け込み発酵させたなれずしの一種。かぶらのサクサクとした食感と、脂がのったブリの旨味、さらに麹の酸味が絶妙にマッチした味わい。昔から地元では冬の保存食として食べられ、石川の郷土料理として知られています。

武家文化が残る祝いの料理「鯛の唐蒸し」

石川県での婚礼にはかかせない、二匹の鯛を豪快に盛り付けた一品
二匹の鯛の腹に卯の花を詰めて大皿に盛り付けた「鯛の唐蒸し」。地元では婚礼時に供されるおめでたい料理として知られています。子宝に恵まれるように、銀杏・百合根・人参・蓮根などを入れた卯の花を鯛の腹一杯に詰めて、雌と雄二匹を腹合せにして並べて盛り付け。鯛を開く際に切腹を連想させる腹開きではなく、背開きにしていることから、加賀藩の武家文化の影響が今も残る伝統料理です。

加賀料理のキャンペーン実施中!

気軽に料亭の味を楽しんで欲しい!
石川県内18の料亭・ホテルで「百万石のたからもの~あらたな加賀料理にふれる旅~」 として統一価格で豪華な加賀料理を提供しています。
■キャンペーン統一価格:お昼10,000円 夜20,000円(奉仕料・席料・室料込み・税別)

古くから受け継がれた「加賀野菜」

金沢育ちの限定15品目を認定
藩政時代から受け継がれた季節感のある地元産の伝統野菜をブランド化。加賀れんこん、加賀太きゅうり、金時草(きんじそう)、源助大根など、昭和20年以前から金沢で栽培されている15品目が「加賀野菜」として認定されています。伝統的な加賀料理には欠かせない食材として知られ、今では京野菜と並び全国的に注目されています。地元ならではの「加賀野菜」を使った料理をお楽しみください。

四季を五感で楽しむ「和菓子」

味も、見た目も洗練された至極の一品
茶の湯が盛んな金沢では、さまざまな和菓子が味わえます。茶席で使う上生菓子、正月やハレの席でふるまう「福梅」「辻占」などの縁起菓子が伝わっています。桃の節句には雛人形と一緒に飾る「金花糖」、夏の「氷室の日」に無病息災を願って食べる「氷室まんじゅう」など、季節ごとに和菓子を楽しむ文化が根付いています。お土産などにぴったりの和菓子がたくさん揃っているのでぜひお求めください。