朝の観光プラン~体験編~

早朝から石川県を大満喫

石川県には早朝から体験を楽しめるスポットがたくさん。
有意義な一日の始まりに、石川県でしかできない貴重な体験を。

鹿渡島定置網体験(七尾市)

夜明け前の海で味わう非日常体験
海中に固定した網に回遊魚を待ち受けて獲る定置網漁は、地形や気象条件がいい富山湾で盛んに行われています。そんな富山湾に面した七尾市の鹿渡島定置では、水揚げや選別など、定置網漁の一連の流れを一年中体験できます。
また、新鮮な魚介類を使った朝ごはんを味わうこともでき、心も体も満たされる充実の体験です。

刺し網体験(珠洲市)

刺し網体験で能登の里海を満喫
刺し網漁とは魚の進路を遮るように網を張り、魚を網目に刺したり絡めたりして捕獲する漁法で、石川県で広く行われています。珠洲市のNPO法人能登すずなりでは、「刺し網体験」を通して、普段あまり接することのない「海の仕事」を体験できます。

山代温泉一番札(加賀市)

山代温泉「古総湯」で一番風呂の特典をゲット!
古くは明智光秀が訪れたといわれ、明治時代から昭和にかけて北大路魯山人や与謝野晶子など、多くの文化人に愛された山代温泉。
ここには総湯と呼ばれる共同浴場があり、特に体験したいのが2010年にできた「古総湯」です。
古総湯では、午前6時のオープンに合わせてその日一番乗り(男湯・女湯別)の入浴客限定で「一番札」をプレゼントしています。