条件指定検索
カテゴリ
エリア
こだわり条件
現在地からの距離
開催日
所要時間
検索する
  • 2019年8月
           
  • 2019年9月
             
  • 2019年10月
       
       
  • 2019年11月
             
  • 2019年12月
           
  • 2020年1月
         
     
  • 2020年2月
               
  • 2020年3月
           
  • 2020年4月
         
       
  • 2020年5月
             
               
  • 2020年6月
     
           
  • 2020年7月
         
     
現在の検索条件:
能登

輪島大祭

晩夏を彩る四つの祭り 輪島の町中が熱く燃える

開催期間:毎年8月22日~25日

「輪島大祭」は輪島市中心部の4つの地区(海士町・奥津比咩神社、河井町・重蔵神社、鳳至町・住吉神社、輪島崎町・輪島前神社)で行う夏祭りの総称です。いずれも神様に涼をおとりいただく「お涼み祭り」で、総漆塗りの豪華なキ…

能登

にわか祭

夜通しで続く勇壮な乱舞は必見

開催期間:2019年8月24日(土) ※毎年8月第4土曜日

高さ7m、幅5.4mの「にわか」と呼ばれる大奉燈9基が、鵜川の街の中を駆け巡ります。 9基のにわかは一度、各町内から見卸しの浜に終結します。21時頃に出発し、町内を巡航した後、0時頃海瀬神社へ入宮します。その後…

能登

西海祭り

女性がキリコを担ぐ全国的にも珍しい祭り

開催期間:毎年8月14日に開催

漁師、船乗りが多かった地区であることにより、大漁祈願、航海の安全祈願のお祭りで、天昭皇大神、豊愛大神、事代主命を祀る西海神社と松ヶ下神社から夕刻にそれぞれ繰り出した神輿(みこし)がキリコ、鉦(かね)、太鼓を伴って…

青空のもと、海の中で   キリコが豪快に暴れ回る

開催期間:2019年8月14日(水)~15日(木) ※毎年8月14日~15日

海の安全と大漁を祈って続けられている祭りで2日間続く。14日は5本のキリコが鐘や太鼓に囃されて町中を練り歩きながら恵比寿神社に向かう。15日には、海中へキリコを担ぎ込み、勇壮に暴れ回る。

1年で1番気合いの入ったお祭りです

開催期間:毎年8月最終日曜日とその前日  ※2019年8月24日(土)、25日(日)

通称くじり祭りという奇祭。 旧暦の八月朔日に祭礼が執り行なわれていたことがこの名の由来です。 その昔、八幡神社の男神が増穂浦に流れ着き、近くの住吉神社の女神に救われて夫婦になった。しかし、住吉神社は海が近いた…

急で細い階段を押し上げる迫力満点のキリコ祭り

開催期間:2018年9月15日(土)、16日(日) ※毎年9月第3土日

 能登半島では珍しい奴凧を思わせる形の大あんどん(袖キリコ)です。クライマックスでは、9基の袖きりこが御船神社に向かう急で細い坂道(階段)を押し上げられ、その強さと迫力は漁師町ならではの勇ましく迫力ある祭りです。…

屋根の大きさは畳12枚分 豪華絢爛な巨大キリコ

開催期間:2019年9月14日(土) ※毎年9月第2土曜日

毎年9月の第2土曜日に須須神社とその周辺で行われるキリコ祭り。高さ14〜16mを超える総漆塗りで金箔を施した4基の大キリコはまさに圧巻。総金箔の屋根の部分の彫刻、四本柱への昇り龍・下り龍の彫刻の豪華さは、他のどの…

漁師町の心意気、力強く担ぐ豪奢で華麗なキリコ

開催期間:2019年9月10日(火)、11日(水) ※毎年9月10日、11日

200年余りの歴史がある蛸島町の秋祭りで、毎年9月10・11日に開催される。総漆塗りで金箔をふんだんに使い、見事な彫物が施されたキリコは、能登のキリコの中でもひときわ美しく豪華といわれ、総勢16基が町内を巡行する…

キリコが出迎え、曳山が送る 熱い思いが伝わる秋祭り

開催期間:2019年9月14日(土)・15日(日) ※敬老の日の前の土日

明治時代にコレラが流行し、悪霊疫病の怒りを鎮めるためにキリコを担ぎ出すようになったという伝承があるが、元来は、五穀豊穣、大漁祈願の祭り。 キリコの乱舞と神輿と曳山の駆け引きが見もの。

現代風の飾りも取り入れたキリコと山車が練り歩く

開催期間:2019年9月14日(土) ※毎年9月第2土曜日

穴水町最大規模のキリコ祭り。大町の5地区、川島の7地区から担ぎ出される12基のキリコと山車8基が勢ぞろいするところが見所。

能登

名舟大祭

海から神を迎え始まる祭り 御陣乗太鼓も見逃せない

開催期間:2018年7月31日(火)、8月1日(水) ※毎年7月31日、8月1日

夏の輪島を彩る祭り。 海上に建立された鳥居まで漁船に乗った神輿が海上渡御し、子供組から若衆組と御陣乗太鼓の奉納打ちが披露されます。 御陣乗太鼓は、名舟町に古くから伝わる太鼓で、天正5年(1577年)上杉謙信の…

大キリコが海中を乱舞

開催期間:2019年8月3日(土) ※2019年から8月第1土曜日

宝立七夕キリコまつりは、能登のキリコ祭りのなかでも代表的なもののひとつです。宝立町鵜飼地区で行われ、およそ100人の若者で担がれた高さ約14m、重さ2tものキリコ6本と、高さ6mのキリコ1本の計7本が、沖の松明を…

男神と女神の逢瀬の夜に、巨大松明の炎が燃え盛る

開催期間:2019年7月27日(土) ※毎年7月最終土曜日

 伊夜比め神社、祭りの前日から神社より約500m離れた崎山広場に高さ30m、重さ10トンの大たいまつを立てる作業が始まる。町の男たちが総出の大がかりな作業で、3本足のやぐらの上から滑車を吊し、責任者の指揮でたいま…

艶やかなキリコに魅了され、「奴振り」の粋な姿に拍手

開催期間:2019年9月14日(土)、15日(日) ※毎年9月14日、15日

毎年9月14・15日に開催される正院町正院の秋祭り。祭りの名物は15日午後に行われる「奴振り」で、色とりどりのドテラ姿に鈴を付け化粧前掛けをした若者たちが、威勢のよい掛け声とともに「シャンガ」と呼ばれる毛槍を振り…

意気高らかに百人の男衆が 漁師町の誇りをかけて担ぐ

開催期間:2019年8月3日(土) ※毎年8月第1土曜日

能登に数多く点在する奉燈祭の中でも、最も勇壮華麗なもので、1基の奉燈を海の男約100人によって担ぎ上げられます。 高さが10mを超す奉燈6基が狭い町中を乱舞。夜には、奉燈に灯りが灯り、幻想的な雰囲気を醸し出し、…

能登

あばれ祭

能登のキリコ祭りの先陣 キリコも神輿も大暴れ

開催期間:2019年7月5日(金)・6日(土) ※毎年7月第1金曜日・土曜日

 能登町宇出津地区・八坂神社の祭りは7月第1金・土曜日に行われます。  初日の夜、勢揃いしている大小合わせて約40本のキリコは太鼓や鉦を鳴らしながら、火がついた大松明の周りを火の粉を浴びながら暴れ回るように練り…

恋路の名に相応しい情緒あふれる火祭り

開催期間:2019年7月14日(日) ※毎年7月「海の日」の前日

沖に浮かぶ弁天島、美しい白浜の浜辺の恋路海岸。恋の伝説が残る舞台にふさわしく、幻想的な松明が灯り、勇壮なキリコが練り廻ります。 伝説ゆかりの観音坂を下りてきた大小2本のキリコが威勢良く海の中を練り廻り、この土地…

かがり火の周りを奉灯が競い合い、激しく乱舞する

開催期間:毎年7月第2土曜日

七尾市中心部にある大地主(おおとこぬし)神社の夏祭り「七尾祇園祭」は、疫病厄除けを願う祇園信仰が盛んだった平安時代、この地に京都祇園社の祭神を勧請し祇園会を行ったことが始まりだと伝えられています。 祭りのク…

高さ約16mの燈籠山

開催期間:2019年7月20日(土)・21日(金) ※毎年7月20日・21日

燈籠山祭りは能登半島最先端の珠洲市飯田町に鎮座する春日神社の祭礼で、その起源は江戸時代の寛永年間初期(1625年ごろ)に遡ります。 神事としては「おすずみ祭り」と呼ばれています。 春日神社では、7/19に前夜…

趣向を凝らした人形は見応え十分

開催期間:2019年7月27日(土) ※毎年7月第4土曜

キリコの前面に人形を飾り、その出来栄えを競い合います。題材は歴史上の一場面や、その年々話題になったものなど様々で、勇壮に町内を練り歩きます。 14時頃に内浦福祉センター前に9基のキリコが集結し、人形審査が行われ…

夏越しの祓神事の伝統を今に伝えるキリコ祭り

開催期間:2018年7月30日(月)、31日(火) ※毎年7月30日、31日

 水無月祭りは、南志見地区の5町(里町、尊利地町、忍町、小田屋町、東山町)の夏祭りで、キリコと御輿が勇壮に乱舞する夏越しの神事です。  見所は、火のついた松明から3本の御幣を奪い合う男衆の勇ましい姿、そして、1…