条件指定検索
カテゴリ
エリア
こだわり条件
現在地からの距離
開催日
所要時間
検索する
  • 2019年1月
       
       
  • 2019年2月
             
       
  • 2019年3月
             
               
  • 2019年4月
     
           
  • 2019年5月
         
     
  • 2019年6月
               
               
  • 2019年7月
     
         
  • 2019年8月
           
  • 2019年9月
             
  • 2019年10月
       
       
  • 2019年11月
             
  • 2019年12月
           
現在の検索条件:
  • 祭り・伝統行事×

冬の味覚大集結!

開催期間:2019年2月11日(月・祝) ※毎年2月11日の祝日に開催

志賀町の冬の味覚、甘えび・加能ガニをはじめ、新鮮な魚介類や地元絶品グルメが富来漁港に集結!買った魚介をその場で味わえる炉端コーナーや、各種ステージイベント、島津悦子さんの歌謡ショーなど、見て、食べて、楽しい、盛り…

白峰・桑島地区住民がさまざまな雪だるまを作り、地区内が雪だるまでいっぱいに!

開催期間:2019年2月2日(土)(白山市桑島地区) 2019年2月8日(金)(白山市白峰地区)

白峰地区の住民が大小さまざまな雪だるまを作り、地区内が雪だるまでいっぱいになります。 夕闇が迫り、雪だるまに灯りが灯されると、まち全体が幻想的な雰囲気に・・・。 特産品等の食べ歩きも楽しめます。

「アマメー」と叫び、なまけ癖のついた人を戒める民俗儀礼

開催期間:【輪島市】毎年1月2日、【能登町】毎年2月3日

粉雪のちらつく夜、子供の鬼達が簑を付け、フカグツを履き、手に包丁やサイケをさげ、「アマメを作っている者はいないか・・・アマメー」と叫び、なまけ者や悪い者がいないかと子供に聞かせる事により怠け癖を戒める神事。 地…

能登

輪島大祭

晩夏を彩る四つの祭り 輪島の町中が熱く燃える

開催期間:毎年8月22日~25日

「輪島大祭」は輪島市中心部の4つの地区(海士町・奥津比咩神社、河井町・重蔵神社、鳳至町・住吉神社、輪島崎町・輪島前神社)で行う夏祭りの総称です。いずれも神様に涼をおとりいただく「お涼み祭り」で、総漆塗りの豪華なキ…

開催期間:2019年1月27日(日)

かつて将軍家に雪氷を献上した歴史に由来する伝統行事です。山里の湯の町に漂う情緒の中で、厳かな歴史風情をご堪能下さい。

能登

面様年頭

年明けの厄除け神事

開催期間:1月14日、20日

◆国指定重要無形民俗文化財◆ 輪島崎町に古くから伝わる新年の神事で、1月14日(おいで面様)と1月20日(お帰り面様)の2回行なわれます。 氏子各家々の厄除けの神事で、14日は町の山側から、20日は海側か…

雪深い山里で受け継がれる文弥人形浄瑠璃

開催期間:2019年2月9日(土)、10日(日) 2019年2月16日(土)、17日(日)

※国指定重要無形民俗文化財 350余年もの間、東二口地区に伝承されてきた文弥人形浄瑠璃「でくの舞」。当時、集落の有志が京で習い覚えたものを、郷里に伝えたのが始まりとされています。 雪深い山里に響き渡る文弥節…

春の訪れを告げる「福」を呼び込む美川の春祭り。

開催期間:2019年3月16日(土)・17日(日)

「ふく」は魚のフグ、「さげ」は魚のサケ、そして「祭り」は「おかえり祭り」・・・どれも美川の名物! これらの言葉の意味を含ませた「ふくさげ祭り」。 もちろん「福」を「さげる」・・・おめでたい雛人形をつるし飾ると…

加賀百万石の伝統と文化を彩る金沢最大の祭り

開催期間:2019年5月31日(金)~6月2日(日) ※百万石行列は6月1日(土)

城下町金沢の勇壮かつ華麗な祭り「金沢百万石まつり」は、藩祖前田利家公が天正11年(1583年)金沢城に入城し、金沢の礎を築いた偉業を偲んで開催されるもので、加賀百万石の伝統と文化を彩る豪華絢爛な一大イベントです。…

奥能登の初夏を彩る鯉のぼりの祭典

開催期間:2019年5月3日(金・祝)~4日(土・祝)

珠洲市の大谷川河口付近に約450本の鯉のぼりが泳ぎます。空に大小色とりどりの鯉のぼりが風に吹かれてゆらゆら泳ぐさまは壮観そのもの。バーベキューや地場産品の販売、郷土芸能、鯉恋結婚式なども行われます。

豊作願う奇祭

開催期間:毎年2月6日

【石川県指定無形民俗文化財】   鬼屋神明宮にて、田の荒おこしから田植えまでの行事を神前で行って、豊作を祈る祭典です。  この芸能中に「そんぶり(水音のザブザブ)」という文言が繰り返されることから「ぞんべら祭…

20m余りのとも旗を載せた船が連なる姿は迫力満点

開催期間:2018年5月2日(水)(6:00〜、14:30〜)、3日(木)(6:00〜、13:00〜)

御船神社の春豊漁を願う祭りで、石川県指定無形民俗文化財に指定されています。 美濃紙約500枚を繋ぎ合わせた高さ約20mの大のぼりを立て、5色の吹流しを付けた9艘の船が笛鐘、太鼓に合わせて「ヨオーヨオー」とはやし…

能登

名舟大祭

海から神を迎え始まる祭り 御陣乗太鼓も見逃せない

開催期間:2018年7月31日(火)、8月1日(水) ※毎年7月31日、8月1日

夏の輪島を彩る祭り。 海上に建立された鳥居まで漁船に乗った神輿が海上渡御し、子供組から若衆組と御陣乗太鼓の奉納打ちが披露されます。 御陣乗太鼓は、名舟町に古くから伝わる太鼓で、天正5年(1577年)上杉謙信の…

開催期間:2018年8月5日(日)

一向一揆勢の最後の砦「鳥越城」で織田信長軍と激しい攻防を繰り広げた先人の遺徳をしのぶお祭り。 山内衆の偉業を偲び、鳥越の歴史に触れられる機会。1万本のロウソクを灯す「鳥越万灯華(まんとうか)や北國花火大会も開催…

大阪城と名古屋城をかたどった曳山行事

開催期間:2018年8月17日(金)、18日(土)

◆輪島市指定民俗文化財◆ 大阪城と名古屋城をかたどった曳山(山車)が、勇ましい声とともに町を駆け回ります。 武者人形やのぼり旗が飾りつけられた2基の曳山は、総輪島塗金箔仕上げの豪華なもの。 若宮八幡神社…

船形の曳山

開催期間:8月10日、11日

豊漁を祈願する漁師町の夏祭り。 皆月湾を望む輪島市門前町皆月にある日吉神社で毎年8月に行われます。 5色の吹き流し、青竹、提灯に彩られた曳山がゆっくりと町を練り歩いていく様をぜひご覧ください。

漁師町の心意気、力強く担ぐ豪奢で華麗なキリコ

開催期間:2018年9月10日(月)、11日(火) ※毎年9月10日、11日

200年余りの歴史がある蛸島町の秋祭りで、毎年9月10・11日に開催される。総漆塗りで金箔をふんだんに使い、見事な彫物が施されたキリコは、能登のキリコの中でもひときわ美しく豪華といわれ、総勢16基が町内を巡行する…

急で細い階段を押し上げる迫力満点のキリコ祭り

開催期間:2018年9月15日(土)、16日(日) ※毎年9月第3土日

 能登半島では珍しい奴凧を思わせる形の大あんどん(袖キリコ)です。クライマックスでは、9基の袖きりこが御船神社に向かう急で細い坂道(階段)を押し上げられ、その強さと迫力は漁師町ならではの勇ましく迫力ある祭りです。…

青空のもと、海の中で   キリコが豪快に暴れ回る

開催期間:2018年8月14日(火)~15日(水) ※毎年8月14日~15日

海の安全と大漁を祈って続けられている祭りで2日間続く。14日は5本のキリコが鐘や太鼓に囃されて町中を練り歩きながら恵比寿神社に向かう。15日には、海中へキリコを担ぎ込み、勇壮に暴れ回る。

加賀

御願神事

青竹を打ち砕き悪を払う

開催期間:2019年2月10日(日) ※毎年同日開催

加賀市大聖寺の「菅生石部神社」に古くから伝わる神事。 伝承によるとその昔この地に大蛇が住んでいて、これを退治するために神事が生まれたといわれている。 祭が近づくと大蛇になぞらえた大縄をつくり、青竹が約400本用…

キリコが出迎え、曳山が送る 熱い思いが伝わる秋祭り

開催期間:2018年9月15日(土)・16日(日) ※毎年9月第3土曜日・日曜日

明治時代にコレラが流行し、悪霊疫病の怒りを鎮めるためにキリコを担ぎ出すようになったという伝承があるが、元来は、五穀豊穣、大漁祈願の祭り。 キリコの乱舞と神輿と曳山の駆け引きが見もの。

現代風の飾りも取り入れたキリコと山車が練り歩く

開催期間:2018年9月8日(土) ※毎年9月第2土曜日

穴水町最大規模のキリコ祭り。大町の5地区、川島の7地区から担ぎ出される12基のキリコと山車8基が勢ぞろいするところが見所。

白山ろくは銀世界。みんなでオリジナルかまくらを作ろう!!

開催期間:2019年2月上旬開催予定

家族や友達と力を合わせてユニークなかまくらを作ろう! 作ったかまくらでコンクール。 屋台コーナー(カレー、うどん等)もあるよ。

加賀

山中節

 日本を代表する民謡「山中節」は元禄の頃に温泉の湯煙の中から生れた俗謡で一名、湯ザヤ節、ともいわれていました。近世の北前船の隆盛により航海の骨休めのため湯治に来た船頭衆が、これを追分調に口ずさんだものを、外で待ち…

開催期間:2019年9月1日・2日※毎年同日

十万石の城下町、大聖寺にある加賀神明宮(山下神社)の八朔祭り。 毎年9月の1日と2日に行われます。 神社への参道に露店がならび、境内の特設舞台では舞踊なども演奏されます。 ※2018年度の加賀神明宮八朔まつ…

開催期間:2019年9月14日(土)・15日(日)予定 ※例年だいたい9月第2土曜と翌日曜の開催だが年によって変更になることあり。

聖寺藩祖前田利治公を慕い、世界の名陶「古九谷」発祥の地として産業の発展と振興を願って行われます。 昼には人間国宝、灰外達夫氏作の大皿をのせた「古九谷大皿みこし」の町内曳き回し、夜には祭り会場で100個近くの提灯…

能登

西海祭り

女性がキリコを担ぐ全国的にも珍しい祭り

開催期間:毎年8月14日に開催

漁師、船乗りが多かった地区であることにより、大漁祈願、航海の安全祈願のお祭りで、天昭皇大神、豊愛大神、事代主命を祀る西海神社と松ヶ下神社から夕刻にそれぞれ繰り出した神輿(みこし)がキリコ、鉦(かね)、太鼓を伴って…

艶やかなキリコに魅了され、「奴振り」の粋な姿に拍手

開催期間:2018年9月14日(金)、15日(土) ※毎年9月14日、15日

毎年9月14・15日に開催される正院町正院の秋祭り。祭りの名物は15日午後に行われる「奴振り」で、色とりどりのドテラ姿に鈴を付け化粧前掛けをした若者たちが、威勢のよい掛け声とともに「シャンガ」と呼ばれる毛槍を振り…

大キリコが海中を乱舞

開催期間:2018年8月7日(火) ※2019年から8月第1土曜日

宝立七夕キリコまつりは、能登のキリコ祭りのなかでも代表的なもののひとつです。宝立町鵜飼地区で行われ、およそ100人の若者で担がれた高さ約14m、重さ2tものキリコ6本と、高さ6mのキリコ1本の計7本が、沖の松明を…

開催期間:2019年2月17日(日)

※国指定重要無形民俗文化財 旧尾口村深瀬地区に、およそ350年前から伝えられてきた「でくまわし」。 胴体の骨組みにわら縄を巻き、頭をつけ、衣装をつけただけの素朴な人形「でく」を、太夫の浄瑠璃と足拍子に合わ…

開催期間:2018年10月6日(土)~7日(日)

約800年の歴史を有する金剱宮の秋季祭(白山市日詰町)。 神輿を先頭に獅子舞と造り物(つくりもの)が随行し、町内を練り歩きます。 祭りの見所は、各町内から出される武者をかたどった人形を台木に載せた『造り物』と…

開催期間:2018年8月13日(月) ※毎年同日開催

揚げ浜塩田の労働者たちに唄い継がれた哀調を帯びた砂取節(県指定無形民俗文化財)にあわせ、能登の夏を名残りつつ、潮の香りを満喫しながら踊ります。太鼓の演奏や郷土芸能なども繰り広げられます。

神秘的な笛の音と躍動感!! 謎の芸能「大田楽」

開催期間:2019年7月27日(土)・28日(日)予定 ※例年7月最終土日に開催

毎年8月に開催される山代温泉恒例の楽劇・山代大田楽です。 中世に大流行したという謎の芸能「田楽」を日本各地の芸能や音楽を取り込み、野村万之丞氏が現代によみがえらせた「大田楽」。夏の夜空に響き渡る神秘的な笛の音と…

3日間舞われる貴重な蝶の舞

開催期間:2019年7月24日(水)~26日(金) ※毎年同日開催

敷地天神講は、加賀市にある菅生石部神社(すごういそべじんじゃ)の夏祭りです。 神社創祀以来およそ千四百年続く大変古い神事で、江戸時代には大聖寺藩の藩祭として、藩主をはじめ藩内全住民がお参りしたといわれます。 …

能登

あばれ祭

能登のキリコ祭りの先陣 キリコも神輿も大暴れ

開催期間:2018年7月5日(金)・6日(土) ※毎年7月第1金曜日・土曜日

 能登町宇出津地区・八坂神社の祭りは7月第1金・土曜日に行われます。  初日の夜、勢揃いしている大小合わせて約40本のキリコは太鼓や鉦を鳴らしながら、火がついた大松明の周りを火の粉を浴びながら暴れ回るように練り…

趣向を凝らした人形は見応え十分

開催期間:2019年7月27日(土) ※毎年7月第4土曜

キリコの前面に人形を飾り、その出来栄えを競い合います。題材は歴史上の一場面や、その年々話題になったものなど様々で、勇壮に町内を練り歩きます。 14時頃に内浦福祉センター前に9基のキリコが集結し、人形審査が行われ…

百数十枚もの花嫁のれんを展示

開催期間:2018年4月29日(日)~5月13日(日) ※花嫁道中は29日

加賀・能登の庶民生活の風習の中に生まれた独自ののれんで、幕末から明治時代初期のころより加賀藩の能登・加賀・越中にみられる。 花嫁が嫁入りの時に「花嫁のれん」を持参し、花婿の家の仏間の入口に掛け、玄関で合わせ…

意気高らかに百人の男衆が 漁師町の誇りをかけて担ぐ

開催期間:2018年8月4日(土) ※毎年8月第1土曜日

能登に数多く点在する奉燈祭の中でも、最も勇壮華麗なもので、1基の奉燈を海の男約100人によって担ぎ上げられます。 高さが10mを超す奉燈6基が狭い町中を乱舞。夜には、奉燈に灯りが灯り、幻想的な雰囲気を醸し出し、…

能登

峨山道

峨山禅師の遺徳をしのぶ「峨山道」

開催期間:・峨山道巡行     2018年9月29日(土)、30日(日) ・峨山道トレイルラン 2018年10月14日(日)

門前町「總持寺」と羽咋市酒井町「永光寺」を結ぶ約13里(約50キロ)の山道です。1340(暦応3)年から双方の住職を兼ねていた峨山禅師は、毎日未明に永光寺の朝課を勤めた後、この道を越えて總持寺に赴き、朝の読経に間…

初め湯まつりは中宮温泉の今シーズンの開湯を告げる、春の恒例イベントです。 中宮温泉名物の「温泉釜揚げうどん」はもとより、ふるまい餅つきや「白山麓地物市」も開催いたしました!温泉に入って疲れを癒し、白山の食を味わ…