峨山禅師生誕祭

がざんぜんじせいたんさい
エリア:
金沢
カテゴリ:
祭り・伝統行事
タグ:
#津幡町文化財
 峨山禅師は、比叡山で天台の教えを究めた後に下山し、大乗寺を開いた瑩山紹瑾師(けいざんじょうきんじ)に学び、禅宗に衣を変えました。総持寺(石川県輪島市(旧門前町))を曹洞宗の大本山として盛り立て、多くの傑僧を育てたほか、1万4千余の末寺建立の基礎を作りました。
 禅師の生誕地である津幡町瓜生区では、1925(大正14)年に、その高い徳を敬い顕彰碑が建てられました。この碑が建つ「峨山園」で、毎年6月23日に、禅師の功績を偲んで生誕祭が行われます。
開催期間 毎年6月23日
開催時間 10:00~
開催場所 峨山園(津幡町瓜生区)
住所 〒929-0301 石川県河北郡津幡町瓜生
電話番号 076-287-1001(問合せ先:河合谷ふれあいセンター)

このスポットから近い宿泊施設

このページを見ている人は、こんなページも見ています

石川 旬のおすすめ旅