天神堂飾り展

てんじんどうかざりてん
小松市内の旧家が所蔵している天神堂をみよっさで展示します。小松の古きよき文化を曳山とともにご覧ください!
今回は、「こまつ曳山交流館みよっさ」と「ジャパン九谷のふるさと松雲堂」の2会場で開催します。

また、前田利常公入城380年を記念して、天神信仰の篤い利常公の祖先神である「菅原道真公」の土人形展も同時開催致します。


《天神堂とは》
天神堂は天神様を祀っているミニチュアのお堂です。小松の町では昭和40年頃まで、長男が生まれるとそのすこやかな成長と学問の向上を願い、母親の実家から天神堂が贈られる風習がありました。
開催期間 2020年12月25日(金)~2021年1月7日(木)
※休館日:水曜日、12月29日(火)~1月3日(日)
開催時間 10時00分~17時00分(最終日は16時00分)
開催場所 ・こまつ曳山交流館みよっさ
・ジャパン九谷のふるさと松雲堂(小松市龍助町27番地)
住所 〒923-0925 石川県小松市八日市町72-3
電話番号 0761-23-3413
公式サイト こまつ曳山交流館みよっさ 天神堂飾り展
営業時間/期間10時00分~17時00分
定休日・12月~3月:水曜日休館(祝日の場合は翌日)
※12月29日(火)~1月3日(日)は休館
料金見学無料
交通アクセス(公共)JR小松駅西口より徒歩約5分
駐車場みよっさ専用駐車場(八日市アーケード内)八日市パーキング№1~4、または、周辺の有料駐車場をご利用ください。
備考※入館時の受付や手指の消毒、マスクの着用などにご協力ください。