冬の観能の夕べ

能や狂言の世界に触れてみませんか?
石川県立能楽堂では、1月11日(土)、25日(土)、2月1日(土)、8日(土)、29日(土)に、「冬の観能の夕べ」を開催します。
金沢では、加賀藩前田家が能の中でも特に宝生流(5流派の1つ)を愛好し、庶民にも広く推奨したことから、金沢といえば「加賀宝生」と言われるほど、宝生流が盛んな土地となっています。
「冬の観能の夕べ」では、伝統の「加賀宝生」の世界を前売券1,000円、当日券1,200円という価格で気軽に楽しむことができます。公演冒頭には当日の演目の解説を行いますので、初めての方でも分かりやすく鑑賞していただけます。
また、「冬の観能の夕べ」をより楽しんでいただくため、開演前に、当日の演目に関する能楽体験を無料で実施しています。各回限定20名で事前予約が必要となりますので、お早めにお申し込みください。
金沢の伝統芸能を代表する能楽に触れる第一歩として、ぜひご来場ください。

>>チラシはこちら
開催期間 2020年1月11日(土)、25日(土)、2月1日(土)、8日(土)、29日(土)(全5回)
開催時間 体験:13時00分~13時40分頃(受付開始12時30分)
鑑賞:14時30分~16時30分頃(開場14時00分)
開催場所 石川県立能楽堂
住所 〒920-0935 石川県金沢市石引4丁目18番3号
電話番号 076-264-2598(石川県立能楽堂)
FAX番号 076-264-2598
公式サイト 冬の観能の夕べ
料金各公演  前売券1,000円、当日券1,200円 ※高校生以下無料
※満席の場合、ご入場いただけない場合もあります。
交通アクセス(車)北陸自動車道金沢東ICまたは金沢西ICから約30分
交通アクセス(公共)JR金沢駅兼六園口(東口)から
6番のりば 兼六園シャトルバス『県立美術館・成巽閣』バス停より徒歩約1分
7番のりば 北鉄バス『出羽町』バス停より徒歩約3分
駐車場数に限りがありますので、できるだけ公共交通機関をご利用ください。
体験内容開演前に当日の演目に関する体験を実施します。
講師により体験内容が異なります。詳細は公式サイトをご覧下さい。
※定員20名(当日の鑑賞者に限る) ※要事前予約、先着順

このスポットから近い宿泊施設

石川 旬のおすすめ旅