第67回日本伝統工芸展金沢展

だい67かいにほんでんとうこうげいてんかなざわてん
日本最高水準の作品をご覧あれ。
エリア:
金沢
カテゴリ:
文化・芸術イベント
優れた伝統技術の保護と後継者の育成、伝統工芸の普及を目的に開催される「日本伝統工芸展」は、昭和29年の第1回から数え、今年で67回を迎えました。

今回は、陶芸・染織・漆芸・金工・木竹工・人形・諸工芸の7部門の入選作品563点から人間国宝や受賞者等の秀作、北陸の作家を中心とした入選作品など341点を石川県立美術館で展示します。

そのほか、10月25日(日)13時30分から国立工芸館長 唐澤昌宏氏による「国立工芸館のコレクションと日本伝統工芸展」の講演会も行われます(事前申込制:詳細は下記の公式サイトをご確認ください)。

この機会に、日本最高水準の作品をどうぞご鑑賞ください。
開催期間 2020年10月23日(金) ~11月3日(火・祝) ※会期中無休
開催時間 9時30分〜18時00分(最終入場17時30分)
ただし、最終日は17時00分まで(最終入場16時30分)
開催場所 石川県立美術館
住所 〒920-0963 石川県金沢市出羽町2-1
電話番号 076-225-1841(石川県教育委員会文化財課(平日9時~17時))
公式サイト 日本伝統工芸展金沢展 公式ホームページ
料金一般700円、65歳以上 600円、大学生400円、高校生以下無料
国立工芸館との相互割引あり:
本展覧会半券を工芸館でご提示いただければ割引料金で、国立工芸館入場券の半券を金沢展でご提示いただければ、団体料金で入場できます。
交通アクセス(車)北陸自動車道金沢西ICまたは金沢森本ICより兼六園方面へ20〜30分
JR金沢駅からタクシーで約15分
交通アクセス(公共)JR金沢駅兼六園口(東口)6番乗り場から、兼六園シャトルで約15分、県立美術館・成巽閣下車、徒歩約2分
駐車場無料駐車場がございますが、会期中、混雑が予想されますので公共交通機関をご利用ください。

このスポットから近い宿泊施設

このページを見ている人は、こんなページも見ています

石川 旬のおすすめ旅