西海祭り

さいかいまつり
女性がキリコを担ぐ全国的にも珍しい祭り
漁師、船乗りが多かった地区であることにより、大漁祈願、航海の安全祈願のお祭りで、天昭皇大神、豊愛大神、事代主命を祀る西海神社と松ヶ下神社から夕刻にそれぞれ繰り出した神輿(みこし)がキリコ、鉦(かね)、太鼓を伴ってお互いの地区内を祭り唄をうたいながら巡行し、途中、両地区の堺に遭遇する場所がある。
そこでは、すべてが倍加したように壮快であり迫力がある。
休憩後、再びそれぞれの地区を巡行し、宮入りした後、キリコや神輿が練り回り、最後に拝殿に神輿を納めるのであるが、少々荒っぽい祭りであり、深夜になることが多い。
祭おりの特徴としては、いつの頃からか定かではないが、おそらく男手が少なかったことにより女性も参加する祭りとなっている。
キリコを担ぐ女性の姿はおこし(腰巻きのことで、未婚女性は赤色、既婚女性は桃色)に浴衣、前掛け、そして足袋にワラジという姿で、男性の姿も白いワイシャツに黒いチョッキ、白いパンツにゲートル、同じく足袋にワラジ姿(地元の老人によると戦争から帰ってきたものの服装がそのままこの形になったとのこと)といった一見変わった格好でキリコを担ぐ。
お宮に入ると、神輿とキリコの競り合いが鐘の音とともに始まる。
キリコや神輿が倒れたり、燃えたりするというハプニングもありのスリルのあるお祭りである。
開催期間 毎年8月14日に開催
開催場所 石川県羽咋郡志賀町 西海風無・西海風戸
住所 〒925-0571 石川県羽咋郡志賀町西海地内
公式サイト 志賀町観光協会HP「里浜時計」
交通アクセス(車)のと里山海道西山ICより車で30分
交通アクセス(公共)JR北陸本線羽咋駅下車、北鉄バスで富来行き富来駅下車。
富来駅より富来門前外浦線(フリーバス)で風無バス停下車。
JR金沢駅より富来、門前行特急バスで約1時間30分。(富来駅下車まで)

このスポットから近い宿泊施設

このページを見ている人は、こんなページも見ています

石川 旬のおすすめ旅