とびっきりのよりみち

vol.2 伝統工芸の一例

加賀百万石の文化が今なお息づく石川県。人から人、手から手へと受けつがれた伝統工芸の数々を体験、体感してください。

加賀友禅

和の心が今も息づく加賀友禅

長町友禅館7代目当主 加賀友禅作家 寺西 一紘 店内風景
優美な色彩で見る人を引き込む加賀友禅歴史ある伝統工芸にふれて心を豊かにできる場所があります

加賀友禅は石川県を代表する伝統工芸のひとつです。考案した絵師である宮崎友禅斎からその名前が取られました。手描き友禅は、その模様の輪郭をなす防線のための「糸目糊」が最大の特徴であり、美しさの生命線でもあります。加賀五彩と言われる藍・えんじ・黄土・草・古代紫といった色彩が使われ、絵画調の柄が特徴的で自然や古典のモチーフが中心です。

長町友禅館7代目当主の加賀友禅作家、寺西一紘さんにお話を伺いました。
「金沢に旅行に来たら、ぜひ伝統工芸を肌で感じて触れてほしいと思います。この加賀友禅を通して日本人が持つ和の心を伝えたい。和の心とは、おもいやりの心、いつくしみの心、もてなしの心です。変わりゆく時代の中でも、変わらない伝統を守り続けることが、平和や思いやりに繋がる」と寺西さんは言います。

加賀友禅の美しい色彩は、下絵を描くと同時にすでに頭の中で決まっていて、染色の時にその色を筆で丁寧に置いていくそう。寺西さんは「色が頭の中で常に動いている。」とおっしゃっていました。
その感性が表現された作品の数々は、観るだけでも心を豊かにしてくれる力があります。
伝統の加賀友禅を守り抜く強い気持ちは、長い年月の中、今日まで残ってきた加賀友禅の着物の強さに通じるものがあると感じました。

本物が持つ力強さ、そして繊細さを、ぜひ間近に触れて、心でも感じてもらいたいです。

infomation
長町友禅館
〒920-0865 石川県金沢市長町2丁目6−16
営業時間:9:30〜17:00 定休日:火曜日・水曜日・冬季(12~2月)
えきねっと 新幹線+ホテルプラン 石川への旅はこちら

よりみちのすすめ

有名な観光スポットの途中、
ちょっと休憩したくなる
とっておきの寄り道をおすすめ。

金沢よりみち写真

1

よりみち写真 色鮮やかな友禅の数々色褪せない美しさを間近に感じて よりみち写真

城下町金沢の情緒を存分に堪能できる一角、長町にある加賀友禅の工房。予約をすれば工房で彩色体験や街着の着物レンタルも可能です。数々の鮮やかな友禅、色褪せない美しさを間近に、伝統工芸を肌で感じて。

infomation
長町友禅館
〒920-0865 石川県金沢市長町2丁目6−16
営業時間:9:30〜17:00 定休日:火曜日・水曜日・冬季(12~2月)

2

よりみち写真 着物が似合う町、金沢。散策に疲れたら小休憩 よりみち写真

定番の和菓子だけでなく、新感覚でありながら安心感のあるやさしい味わいと可愛らしい見た目の茶菓子は、菓子工房でひとつひとつ手作りされています。

infomation
茶菓工房たろう 鬼川店
〒920-0865 石川県金沢市長町1丁目3番32号(長町・武家屋敷跡 野村家横)
営業時間/8:30~17:30(L.O 16:30) 定休日/元旦

3

よりみち写真 風情ある石畳と土塀で歴史を感じながら金沢を堪能 よりみち写真

風情ある石畳と土塀。情緒ある街並みは、これぞ金沢という雰囲気。
歴史あるこの場所は空気が柔らかく感じるはず。

infomation
長町武家屋敷跡
〒920-0865 石川県金沢市長町
金沢よりみちマップ

山中漆器

人と、いきる山中漆器

浅田漆器工芸 浅田 明彦 店舗風景
伝統工芸の枠を超えて進化を続ける山中漆器うつろいゆく時代とともに食卓に彩りを

山中漆器は石川県加賀市の山中温泉地区で作られている漆器で、江戸時代中期には温泉の湯治客への土産物としてつくられるようになりました。山中漆器は、木地の美しさが特徴であり、漆を塗っては拭き取る、拭き漆によりキレイな縦木取りの木目が強調されます。
また伝統的な漆器づくりにとどまらず、デザインと機能性に優れた近代的な漆器へと発展しています。

浅田漆器工芸で山中漆器を手掛けている浅田明彦さんは若い世代に向けての新しい山中漆器を提案しています。ものづくりの楽しさと難しさを、京都で漆器づくりを学んだ際に職人さんから教えてもらったと言う浅田さん。それまでは漆器への興味が薄かったと言いますが、今では木目を見るとわくわくするほどに、山中漆器に愛着を持っています。
漆器と聞くと、特別な日にしか使われないものと言うイメージがありますが、山中漆器は、日常で使ってもらうことが目的。お手入れも普通の食器と同じように洗剤で洗うことができるのです。

山中温泉に遊びに来た際には、ぜひ山中漆器で美味しいものを楽しんでもらいたいです。
そしてもう一歩踏み込んで、職人さんに会って、作る工程を見たり体験したりして身近に感じてもらえると、より山中漆器を好きになってもらえると思います。

鮮やかな色合いで、漆器の概念を覆すような現代的な見た目の山中漆器は、ひとつずつ集めたくなる器だなと思いました。ほっとできる自分の家に、旅の思い出をふっと思い出せる器を、普段使いするのもきっと素敵ですよね。

infomation
うるしの器 あさだ
〒922-0139 石川県加賀市山中温泉菅谷町ハ-215
営業時間:平日 9:00~17:00  休館日:年末年始
えきねっと 新幹線+ホテルプラン 石川への旅はこちら

よりみちのすすめ

有名な観光スポットの途中、
ちょっと休憩したくなる
とっておきの寄り道をおすすめ。

加賀よりみち写真

1

よりみち写真 拭き漆体験で、自分だけの器を よりみち写真

山中漆器伝統の塗りを身近に体験できる「拭き漆体験」。初めての方でも楽しみながら、自分だけの器を作ることができます。絵付け体験もできるので、思い出深い時間を作れること間違いなし。

infomation
うるしの器 あさだ
〒922-0139 石川県加賀市山中温泉菅谷町ハ-215
営業時間:平日 9:00~17:00  休館日:年末年始

2

よりみち写真 昔は駅前だったこの場所で、駅のように多くの人が出入りするお店を目指して よりみち写真

昔は駅前だったこの場所。駅のように多くの人が出入りするお店を目指して「スタシオン(駅)」と名付けたそう。山中漆器で食べるフレンチ料理は、加賀の伝統工芸を感じられる格別のスタイル。

infomation
湯の街ビストロ  江沼スタシオン
〒922-0122 加賀市山中温泉湯の本町ク38
営業時間:11:30~13:30(L.O) 18:00~(前日までに要予約) 定休日:日曜日

3

よりみち写真 鶴仙渓に架かる橋。四季を通じて風情を楽しめる情緒がある場所 よりみち写真

鶴仙渓に架かる総ひのきで造られた橋。
四季を通じて風景が楽しめる場所で、山中温泉を訪れた際には必ず寄ってほしいポイント!

infomation
こおろぎ橋
〒922-0128 石川県加賀市山中温泉下谷町ロ
加賀よりみちマップ
えきねっと 新幹線+ホテルプラン 石川への旅はこちら vol.1 とびっきりのよりみち 能登篇 ほっと石川旅ねっとへ戻る