本文へジャンプ

スタッフブログ 交流広場

鉄道ファンin「花見だよ!能登さくら駅」

2013-04-24

今週の日曜日、穴水町の能登鹿島駅にお花見に行ってきました!

ハァ?!お花見?!とお思いでしょうが、

フッフフ・・・能登ではまだ満開!とギリギリ言ってもいいくらいの満開度なのです。

そして、能登では知らない者はいないという、
桜の超名所、能登鹿島駅、別名能登さくら駅に行ってまいりました。

 

ちょうどタイミングよく、「花見だよ!in 能登さくら駅」というイベントが行われていました♪

観光ニュース春号の石川の花特集で、花に関するイベント情報を集めていたときに、
なんてゆるいネーミングなんだ!と思って、かなり記憶に残っていました(・∀・)

 

能登さくら駅は、能登鉄道能登鹿島駅のことで、線路の両側に桜が並ぶ人気の観光スポットなのです!

 

 

その気になる能登さくら駅がコチラ

↓    ↓    ↓

 

 

 

 

 

 

∩(´∀`)∩

のとさくら駅1.JPGいや~キレイですね~~。
しかも、この位置から撮影できるというのもすばらしい。

 

 

雰囲気ありますね。
ザ・のと鉄道って感じします。
 

のとさくら駅2.JPG

 

能登鹿島駅は終日無人駅です。

この日は多くの人で賑わっていましたが、普段は静かな場所なんでしょうね~

 

・・・と思いましたが、

この能登鹿島駅は、鉄道ファンに人気の駅という事が判明!
電車を撮影するために多くの鉄道ファンたちが、いかにも高級そうな一眼レフを携えて電車を待っていました。

フッ、なるほどね・・・(´c_` )

とクールに鉄道ファンたちを眺めていた私でしたが、

 

 

 

 

 

突然、電車が来た事を知らせる警報機が鳴り出すと・・・

DSC02075.JPG

 

 

 

 

 

我先と走り出し・・・ε=ε=ε=┏(゚ロ゚;)┛ダダダッ!!

 

 

 

 

 

 

 

撮れた♥

のとかしま電車.JPG

桜と能登鉄道電車とのコラボレーション完成!!

 

 

 

 

と、喜びも束の間・・・

またもや警報機が作動!!(; ̄ロ ̄)

 

 

 

 

 

ε=ε=ε=┏(゚ロ゚;)┛

 

 

 

 

 

 

 

 

永井豪電車キターーー!(゚∀゚)

ながい豪電車.JPG

ながいごう電車3.JPG

 

しかも・・・

 

 

 

 

 

こんな絵まで撮れちゃいました♪(゚∀゚)v

ながいごう電車2.JPG

いや~興奮しました~。
見えない力によって何かのスイッチが入りました。

 

 

そして、穴水方面へと走り去る電車にお別れ。
感動をありがとよーー

DSC02089.JPG

 

 

線路で大満足、達成感を感じながら、
駅舎前の販売コーナーに移動しました。

 

販売コーナーでは、地元の方々が食べ物を作ったり、穴水名産のものを販売したりしていました。

牡蠣もその場で網で焼いていましたよ。

DSC02093.JPG

 

そして、私は匂いにつられて、イカ焼きと焼きとうもろこしを食べました。

 

無駄に高画質なとうもろこしとイカ

↓    ↓    ↓

とうもろこし.JPG DSC02092.JPG

 

以上、「花見だよ!in 能登さくら駅」はこんな感じでしょうか。

電車レポートが大部分を占めましたがご了承下さい(^-^;;

 

あ、そういえば、能登鉄道では、「花咲くいろは」のラッピングバスが走っているそうですよ。
詳しくは・・・「のと鉄道で新デザインの「花咲くいろは」ラッピング列車が運行中!」
       能登鉄道ホームページ
 

 

この日は能登の気温は3℃~5℃でした。

こんな時期に桜が見れるなんて、同じ石川県でもやっぱり違うんだな~としみじみ。

それと、能登鉄道、いいですね~
手が届きそうな近さで走っている電車を見ることができ、しかも田舎の雰囲気も相まって、とても落着いた風情があります。
今回は電車を見るだけでしたが、次はぜひ乗ってみたいと思います!

では、今日はこのへんで。

yachi

DSC02070.JPG DSC02071.JPG

白山ろくテーマパーク・吉岡園地

2013-04-22

うぅ・・・寒いです。

土日は、全国的にも冬のような気温でしたね。
昨日はダウンを着て出かけ、部屋では暖房、コタツが大活躍!
ズボラで片付けるのが遅いと、こんなラッキーな事もありますね♪
いえいえ、こうなることを私は予期していたのです('v')ニヤリ・・・

こりゃ冬物のクリーニングはまだしばらく出せませんね。

 

 

**** 今日は白山市吉岡園地のレポートです ****

3月末に事務局スタッフの任期を終えた藤島が先月末に書いたものです。
公開するタイミングを逃していたので、今日晴れて公開させていただきます。

 

白山市河内町にある、吉岡園地へ行きました。
白山市吉岡園地のホームページ

以前に白峰へ取材へ行った時に前を通った時から「ここは何?自然公園?庭園?なんだか素敵そうな場所・・・lovely」とずーーっと気になっていた所です。

この日は、3月半ば。梅が見たいなぁと思い、「あ、そうだenlightened!」と思いつき来てみました。

ワクワクしながら入ってみました・・・目の前に広がる自然・・・広い!coldsweats02

洋風ガーデンといった感じではなく、草木があり、池があり・・・といった感じです。ですが決して日本庭園というわけではありません。

ロックガーデンというエリアに来て説明の看板を読むと「白山の高山帯を表現しています」と書いてありました。吉野 004.jpg

なるほど・納得です 白山ろくの景観を小さく模したエリアです。

そして先へ進むとなんと!梅園ゾーンがあるではありませんか!

白山ろくのふもとにある吉岡園地にはまだ残雪がありましたが、梅が咲き始めていましたよ。
 

吉野 022.jpg  吉野 027.jpg

今日の目的は達成しましたが、大花壇ゾーンbudもあったので時期をずらしてまた来たいと思いました!

吉野 008.jpg吉野 009.jpg道路沿いには長い藤棚があり、今はまだ咲いていませんが、藤の季節になると、きっとすごい見ごたえになると思います

園内は広く、散策すると疲れると思いますが、少し歩くとベンチがあり(本当に少しの間隔です)休憩したり、ゆっくりと景色を眺めたり・・とゆったりとした時間を過ごせますconfident

 

 

 

広い芝生広場や、遊具もあるので小さいお子様と来ても楽しめるのではないでしょうか?
吉野 013.jpg

公園センターもあり屋内で飲食もOKだそうなので、お弁当を持ってきてもいいですねsmile
吉野 016.jpg 吉野 011.jpg 吉野 005.jpg

白山ろくテーマパーク・吉岡園地

穴水町・伝説のボラ待ち漁がついに再開!!

2013-04-19

穴水町中居のポケットパークにある「ボラ待ちやぐら」を見てきました。

正確には、車での通り道だったので、
ついでにちょっと立ち寄ってみたといった感じですrvcardash

場所:石川県 鳳珠郡穴水町 根木、中居、内浦地内
国道249号線沿いにあります。


 

大きな地図で見る

 

DSC00196.JPGのサムネイル画像

 

「ぼら待ちやぐら」とは、ぼら漁に使われていた櫓です。

やぐらの上で、じーーーっとボラを見張り、ボラが真下に来たら、網を引き上げて仕留めるという、いたって原始的な漁法です。

 

何かもっと効率的な方法はなかったの??(;  ̄ロ ̄)

 

i-podやワンセグもない時代にどうやってあんな高い場所で一日を過ごしていたのでしょう。

 

 

私なら眼下に広がるこの美しい風景を眺めて一日を・・・いやいや無理です。

DSC00207.JPG

 

 

海の水は澄んでいてとってもキレイ

\( ゚ ∀ ゚ )/

↓   ↓   ↓

DSC00198.JPG

 

たった一人でひたすらボラを待つ必殺仕事人(※人形さんです)

↓   ↓   ↓

DSC00210.JPG

 

もしかしてこの漁で鍛えられた能登の人には辛抱強い人が多いのかも?!

この精神を見習って、待ち合わせで数分、数十分・・・数時間待たされたくらいでガタガタ言わないようにしましょうね( ´艸`)♥

 

 

そんなのんびりしたボラ待ち漁ですが・・・

 

 

な、なんとこの春からボラ待ち漁が再開されます!!

 

ボラ待ちやぐらの漁再開については、先日お送りした「観光ニュース春号」でも取り上げさせていただきましたが、

現在、その準備が着々と進められています。

 

昨年の8月に、穴水町志ヶ浦の沖合に一度新しいやぐらを組み上げたのですが、よりボラ漁に適した場所である新崎(にんざき)に移転設営されたということです。
移転設営されたのが、先月23日。
今月13日には網の設置も完了して、あとは漁を行うまでになりました。

そして・・・

 

来週にも漁が再開されるようです!

(詳しくはコチラ・・・穴水町新崎・志ヶ浦地区里海里山推進協議会ホームページ

 

当面は、会員の方が週に2時間程度、やぐらの上でボラを見張り、

5月からはボラ待ち漁の体験も募るそうです!

ユニークな体験ですね。
真夏は避けたいです。

体験ってやぐらに上るだけかな??

ボラ待ち漁の体験というくらいだから、せっかくならば、ボラが網にかかるまでは頑張りたいですよね!!
しかし、そんなストイックな体験だと誰でも気軽に参加はできないかな(; ´∀`)

どんな体験内容になるのか楽しみです♪(^∀゚)ノ

 

 

では、今日はこのあたりで失礼いたします。

日頃、観光ニュースや定期メルマガに載せるイベント情報や県内の話題を探しているんですが、
こうして探してみると、ちょこちょこ面白そうなイベントがあるもんですね。
見たい美術展もけっこうあります。

大々的に宣伝されていないものばかりで、観光ニュースやメルマガに載せるほどのものではないイベントが多いですが、個人的にはそういう使われないネタの方に目がいくんですよね(^-^;;

 

さて週末はどう過ごそうかな~。

先週図書館で借りた伊坂幸太郎の本を読もうか、趣味のクラフトをしようか、はたまたプチお出かけしようかなー♪
一日寝て過ごすことだけは避けようと思います。
 

みなさん、よい休日をお過ごしくださいね!

ヤチ

出遅れましたが...お花見in卯辰山公園

2013-04-16

今週の日曜日、つまり一昨日、卯辰山に桜を見に行ってきました。

なぜ卯辰山かと申しますと、

・・・そこにがあるから (`・∀・´)ノ

 

満開の時期を完全に逃してしまった私は、少しでも咲いていそうな「山」と付く場所に賭けたのです。

ちなみに標高141m・・・それでも間違いなく兼六園より遅咲きのはず!

 

その結果・・・

 

 

 

 

8割、葉桜化していました(-∀-`; )ガーン

 

というわけで、残り2割の桜を載せたいと思います♪

 

【今が見ごろの枝垂桜】

DSC02052.JPGこの日は風が強く、枝垂れ桜がユラユラ風に踊らされていました。

枝垂れ桜はちょうど満開でした!!

DSC02051.JPG

 


【続いては、お待ちかねソメイヨシノ】

DSC02063.JPG葉桜に変わりつつありますが、ぎりぎりセーフでしょうか・・・

 

金沢市の開花宣言は3月30日で、満開宣言は4月5日でした。

ニュースなどで東京の開花を知らせる際に、靖国神社が取り上げられていますよね。
職員の人が枝についた花の数を数えているシーンです。

金沢市の標本木っていったいどこにあるんだろう??と気になって調べてみました!

 

兼六園かなー?
やっぱり金沢城公園でしょうー((=゚▽゚)?
はたまた犀川沿い??
あー、浅野川沿いの桜も捨てがたい~~(゚▽゚=))

 

と、思いをめぐらせていたところ・・・・

 

 

 

 

金沢地方気象台 ( ̄▽ ̄;)!

 

わりと地味めな場所でした。

現実的と言えば現実的な場所ですよね。
ちょっと行ってパッと見れますもんね。納得。
 

 

 

さて、話題は卯辰山に戻りまして・・・

足元ではこんなものも発見。ぜんまい?

DSC02060.JPG

 

 

展望台からは、金沢市を一望できますよ

ヾ(o´∀`o)ノワァー♪

DSC02064.JPG

 

そして、振り返れば白山が!

手前の木がちょっと怖い。

DSC02066.JPG

 

もうこんな時期に花見をしている人は少ないと思っていたんですが、意外にも多くの家族連れや学生たちで賑わっていました。

中にはリクルートスーツで花見宴会をしている人も。

 

日本人にとってなぜこうも桜って特別なんでしょうかね。

しみじみ・・・

 

 

ハッ!そういえば、今季の「観光ニュース春号」のトップは石川県の花特集です。
写真付きで掲載したものに関しては、
なんとすべて4月中旬以降が見頃のものばかり!(※偶然です・・・)

私のように桜満開を見損なってしまった方でもまだまだ春の花と戯れるチャンスがありますよ~(^ -^)b
個人的には、「兼六園菊桜」と横谷のミズバショウ群生地が気になっています。

では、今日はこのへんで。
今日の石川県、あたたかいですよ~!最高気温23℃!

yachi

 

【おまけ】モクレンの花が見事だったのでパチリ☆

DSC01718.JPG

DSC01720.JPG

名車がズラリ!!!!(⑥研修旅行加賀)

2013-04-15

今日は青空冴えわたる好天気の月曜日です。

週末は風邪をひいてしまい、土曜日は医者に行ってから家でゴロゴロしていました。
寒暖の差が激しいのでみなさんも体調管理には十分にご留意くださいね。
・・・と、病み上がりの私が言える立場ではありませんが(-_-;

 

さて、加賀研修旅行記シリーズもいよいよクライマックスです。
みなさんに惜しまれつつ感動的なフィナーレとなるか?!
きっとラストは涙涙で、サライのBGMが・・・たぶん鳴らないと思います(^o^;;

 

今日は、最後の目的地、「日本自動車博物館」についてです。

 

 日本自動車博物館 
 

前田彰三(初代館長)が個人収集した自動車をもとに開設した博物館です。

乗り物の黎明期から戦後のクルマまで常時約500台が勢ぞろい!

高級車や伝説の名車だけではなく、日本で親しまれた50~60年代の大衆車も数多く展示。
また、どこでこんなクルマを手に入れたのか気になる要人の愛車まで、車のジャンルも広く濃いラインナップに驚かされます!

 

施設の方が各車について説明をして下さっています。
↓   ↓   ↓

20130331観光特使研修旅行加賀Richo 077.jpg

単に「すごい車だなぁ~」と眺めるだけではなく、ガイドさんの説明があると、車を見る時の着眼点も違ってきますし、知識も深まります。

 

2000GT!!
しかもイエローです。こちらは、期間限定の展示のようです。
前に来た時は、白の2000GTでしたが、イメチェン?されてました。

↓   ↓   ↓

DSC01985.JPG

 

故・ダイアナ妃が来日した際に、実際にお乗りになったロールスロイスを鑑賞するみなさん。
熱心に説明を聞いていらっしゃいます。

↓   ↓   ↓

DSC01992.JPG

 

マツダ カペラの金箔仕様
仏壇のようです・・・。
すごい技術ですが、街中を走り回る勇気はありません。

↓   ↓   ↓

DSC01993.JPG

 

これは、シトロエンの2CVですね。
ときどき町で見かけますが、振り返ってしまう車の一つ。

↓   ↓   ↓

DSC02004.JPG

 

FIAT500 トッポリーノ

映画「ローマの休日」でヘップバーンとグレゴリー・ペックが乗っていた車

↓   ↓   ↓

DSC01997.JPG

 

 

これもFIATのチンクチェントです。
すごくかわいいです!!「カリオストロの城」でルパンが乗っている事で有名です。
こんな小さい車に、ルパン、五エ門、次元がすし詰めで乗っていたんですね~

↓   ↓   ↓

DSC02001.JPG

建物は3階建てで、テーマごとに車が展示されています。
広いフロアですが、所狭しと車が並んでおり、どれだけ見ても、まだまだ見終わらない!というほどの車の数。

 

DSC02031.JPG DSC02032.JPG
 

外国の車やスポーツカーばかりではなく、国産の大衆車も数え切れないほど展示されていました。

まさに映画「ALWAYS 三丁目の夕日」の世界です。

実際に使われていた庶民の車には生活感があります。
車から当時の生活を想像することができ、わくわくしますね♪

 

マツダ キャロル
↓  ↓  ↓

三菱ミニカマツダキャロル.JPG 20130331観光特使研修旅行加賀Richo 089.jpg

 

三菱500と、スバル360

DSC02000.JPG DSC02022.JPG

 

いくつか車をご紹介しましたが、ここで紹介した車はほんの一部です。
まだまだご紹介したい車はありますが、かなり今回偏った内容になりすぎました・・・(-∀-`; )
読者離れを避けるため、このへんで切り上げます!
 

自動車の展示だけど楽しみ方は人それぞれ( ゚ ∀ ゚ )

車にはさほど興味はないけれど、昔を懐かしみたい人にもオススメです!

その他、ミニカーの展示ここでしか買えないミニカー、グッズ、世界各国の便器があるトイレと見所満載で、
県内の方はもちろん、遠方からでも見る価値ありまくりの博物館です。

今回は、セグウェイ体験と併せて、1時間というスケジュールでしたが、今度はぜひゆっくりと館内を見て周りたいですね。

 

 

加賀研修旅行はこれで終わりです。

ありきたりな感想ですが、毎回思うのは、石川県にはまだまだ知らない、知ってるようで全然知らなかった場所がたくさんあるということです。
普段なら知らずに通り過ぎてしまった場所にも、意味があって歴史があって、それを知ることでさらに石川県の魅力を感じ、よさを再確認することができました。

たくさんの方にご参加いただきまして、本当にありがとうございました。

また、この旅行をさらに有意義なものにして下さったガイドの竹本さん、道場さん、冨士トラベルの藤木さん、大変お世話になりました。ありがとうございます。

残念ながら今回参加できなかった方は、このブログを読んで研修旅行に行った気分になっていただければ光栄です☆
(多少、省略、誇張されていますが・・・)

今年度の研修旅行についてはまだ決定していませんが、
またの機会を楽しみにしております♪

yachi

【加賀研修旅行の記事】

どきどき・・・セグウェイ体験(加賀研修旅行⑤)

2013-04-12

朝からずっと寒いですtyphoonブルブル・・・☂

現在の金沢市の気温は6℃です((((;゚Д゚)))

今週はずっと天気が悪いですね。そして今週はアラレやミゾレが降る異常気象にthunder
地球ではいったいなにが起こっているのでしょう。

 

〔事務局のある社屋から、現在のライブカメラ映像〕
(※私のi-phone)

↓   ↓   ↓

image.jpg

 

 

 

前置きはこのくらいにして、今日は加賀研修旅行記⑤です。

あの近未来乗り物、「セグウェイ」体験についてご報告します。

ちなみに加賀研修旅行のバックナンバーはコチラです。
まだ読まれていない方はぜひご覧下さい。
すでに読まれた方も、あの感動の名シーンの数々を再び・・・
↓   ↓   ↓   ↓

①研修旅行記in加賀(片山津温泉「街湯」の巻)

②片山津温泉界隈をぶらり

③大聖寺流し舟

④山中温泉と伝統の美

 

アッ!そういえば、山中温泉の総湯前で撮った集合写真を掲載し忘れていました。

私としたことが・・・テヘッ(゚∀゚)

藤木さんより集合写真.JPG

DSC_0101.jpgこうして見るとやっぱり多いですね!
県外からもご参加いただいた方もいらっしゃいますし、みなさん、お忙しい中、お時間を作っていただいて、本当にありがとうございました。

 

さて、ここからは日本自動車博物館ですよ~!!

(日本自動車博物館ホームページはコチラ

 

個人的に、ここ日本自動車博物館は好きで、何度か来たことがあります。
展示されている車のラインナップも微妙に変わっていましたし、何度来ても圧倒される名車の数々!!

ここでは、1時間の中で、施設の方によるガイド付きの見学と、セグウェイ体験を楽しみました。

 

20130331観光特使研修旅行加賀Richo 106.jpg

今日は次世代の新のりもの、セグウェイ(の体験)についてご紹介したいと思います。

「セグウェイ」といえば・・・、小泉元首相がブッシュ大統領にプレゼントされ、
笑顔で官邸を走り回っていた姿を思い出します。
あれはいったい何年前なのでしょう????

 

― googleでリサーチ中・・・ ―

 

 

出ました。2005年11月16日の日米首脳会談でプレゼントされたそうです。

ということは、あれからかれこれ7年半?! ∑((((((゚д゚;ノ)ノ

いったい自分が何歳なのかも分からなくなりました・・・

そんなに年月が経っているのに、日本ではセグウェイはあまり普及していないですね。
空港や大型ショッピングモールなどで使用されていますが、公道を走れないので、単にあまりお目にかかる機会がないという事でしょうか。

 

施設の方の説明を聞き、その後、交代で試乗しました。

DSC02040.JPG

 

まずは係の方のお手本。

スィ~スィ~と思いのままに操っています
((・´∀`・))♪

↓   ↓   ↓   ↓

DSC02041.JPG

 

 

みなさんもスィ~スィ~

DSC02044.JPG DSC02046.JPG

20130331観光特使研修旅行加賀Richo 099.jpg 20130331観光特使研修旅行加賀Richo 101.jpg

20130331観光特使研修旅行加賀Richo 102.jpg 20130331観光特使研修旅行加賀Richo 098.jpg

 

姿勢は真っ直ぐに正した状態で、ハンドルにかける重心によって方向転換します。

腕をのばして、ハンドルを進行方向に倒すと前進し、垂直に戻すと止まります。

右に曲がりたいときはハンドルを右に傾けて、
左に曲がりたいときは左に傾ける、といった操作です。

慣れれば感覚的に乗りこなすことができそうです。

 

・・・とかなんとか偉そうに言っていますが、私は終始ぎこちない動きでした。

 

 

必死にハンドルにしがみついている私と、
それをあたたかい眼差しで見守ってくれている施設の方

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

CAR8EIYS.jpg

正直、セグウェイ体験は、日本自動車博物館のおまけぐらいに思っていましたが、

すっっっごく楽しかったですヾ(o´▽`)ノ゙♪

 

事後アンケートでも、このセグウェイ体験は大人気でした!
大の大人がこんなに楽しめるなんてセグウェイ最高♪
 

こんなに楽しいなら、いっそ自宅に欲しいわ!! とお思いになられた方へ、
1台、およそ100万円ほどだそうです。

安い?高い?

現在、セグウェイで公道を走ることは法律で認められていませんが、広めのお庭をお持ちの方はぜひご検討を。
電動なので、環境に優しいですしね♥

 

このセグウェイの体験試乗会は、毎週末開催しているようですが、
20名以上の団体のみの受付ということです。

こんな貴重な体験ができるのも、いしかわ観光特使の研修旅行だからこそ!(*^▽^*)v

 

 

というわけで、今日はここまで。

お読みいただき、ありがとうございました!!

次回は日本自動車博物館の名車たちの魅力に迫ります!

車好きの方、車オタクの方は必見ですよ( ´艸`)フフフ・・・

【続きはコチラ→名車がズラリ!!!!(⑥研修旅行加賀)

 

さぁ、今日は金曜日!

土日は何をして過ごしましょう。
私は花見をし損なってしまったので、まだ散っていない桜の木を探しに行こうかな。
連日の暴風雨で相当なダメージを受けていると思いますが(~_~;;

ではよい休日をお過ごしください(^-^)/~~

yachi

 

 

山中温泉と伝統の美(研修旅行加賀④)

2013-04-11

本日は、メルマガVol.2の配信日です。

第2、4木曜日に配信していますよ~!
いしかわ観光特使の方でメールアドレスをご登録いただいている方全員にお送りしておりますpc
みなさん、メールをチェックしてくださいねpc

特使の方々へのお知らせ、県内のイベント情報のほか、

今回からいよいよ待望の「事務局つれづれ日記」(事務局スタッフによるコラム)の連載がスタート!

なお、いしかわ観光特使の方で、メールアドレスはもっているけれど、まだ登録していないから届いていない(ToT) という方がいらっしゃいましたら、いしかわ観光特使事務局までご連絡下さいね!私が即登録いたします!

★メールアドレスのご登録は・・・mail tokushi@kagasaisei.co.jp

・登録元のアドレスからの送信であれば、件名は変えずに、本文にお名前だけ入力して送信いただければけっこうです。

 

 

さて、今日は、研修旅行加賀④です。
山中温泉について書きたいと思います!

DSC_0079.jpg

【前回までの内容はコチラ】

①研修旅行記in加賀(片山津温泉「街湯」の巻)

・→片山津温泉界隈をぶらり(加賀研修旅行②)

・→大聖寺流し舟(加賀研修旅行③)

このシリーズ、今週中には完結させたいです。
あー、でももう今日は木曜日か…

研修旅行報告最終回は月曜です( ゚∀゚ )b☆

 

上の写真は、松尾芭蕉が山中の地を訪れた際に詠ったものです。

「かゞ り火に河鹿や波の下むせひ」とあります。

ここでも、ガイドの竹本さんが熱心に句碑について解説され、特使の方々のみならず、通りすがりの地元の方まで聞き入っていました。

20130331観光特使研修旅行加賀Richo 049.jpg DSC01920.JPG

 

 こおろぎ橋 

DSC01923.JPGかつて、このあたりは岩石が多く、行路が極めて危なかったので「行路危」の称を生じたといいます。
また一説には秋の夜、可憐に鳴く蟋蟀の声にちなんで名付けられたとも言われています。

風雅な総ひのき造りの橋で、山中温泉の代表的な景勝地として、記念撮影に絶好のポイントです!

 

というわけで、ここで記念撮影をしました。

 

 

そしてまさかのこのアングル。

↓     ↓     ↓

DSC_0087 (2).jpg

こおろぎ橋から見る景色

↓    ↓    ↓

DSC01925.JPG

この日は、こおろぎ橋まで行って引き返して来たんですが、渓谷沿いを歩く「鶴仙渓」(遊歩道)の景色も素晴らしいです!
初夏~夏は新緑、秋は紅葉が色あざやかで、ため息の出る美しさ。
雪景色は見たことありませんが、きっと美しいはず!
そういう視点から見ると、今の季節は色彩がぼやけていて、あまりグッとくる絵ではなかったかもしれませんね。

 

 山中座 

山中座は、山中漆器の技術の粋が凝縮された建物です。

特に山中座ホールは、伝統芸能にふさわしい檜舞台と松羽目を備え、山中漆器の技を極めた格調高い造りになっています!

ホールの天井、扉、階段にいたるまで山中塗りの技が惜しげもなく贅沢に使われています。

DSC01957.JPGDSC01952.JPG

20130331観光特使研修旅行加賀Richo 053.jpg

 

 東谷 

山中温泉のあと、バスは東谷に向かいます。

加賀東谷は、重伝建地区に指定されています。

ただし、東谷といっても、荒谷、今立、大土、杉水の4つの集落からなる地域でとても広域なのです。
今回は、その中でもっとも近い荒谷、今立を見学しました。

荒谷では、石川県内水面水産センターにいる、特別天然記念物・国内最大級(日本で第2位の大きさ)のオオサンショウウオを観賞。
2006年の測定会では、全長135cm、体重16kgだったそうです。

実際、間近で見るとその大きさはイメージよりもはるかに大きい!

オオサンショウウオ01.jpg オオサンショウウオ02.jpg

特使の皆さんから驚きの歓声が上がりつつ・・・同時に「かわいそう~!」といった声も。

確かにこの水槽、狭すぎる(T△T)!!
オオサンショウウオのサイズに対して窮屈な空間。
1973年に大聖寺川鶴仙渓で保護されてから、ずっとこんなところで生かされていると思うとかわいそうな気持ちになりました。

 

オオサンショウウオとお別れした後、再びバスに乗り、すぐ隣の今立へ。

東谷の建物の特徴は、「煙出し」とよばれる、囲炉裏の煙を外に出すための小窓です。

20130331観光特使研修旅行加賀Richo 068.jpgDSC01975.JPG

屋根の上にちょこんとのっている「煙出し」、見えますか??

ミニチュアの屋根みたいで、ちゃんと瓦もついていますよ。

 

私が初めて東谷に来たときは、赤瓦で煙出しの付いた民家が立ち並ぶ様子が珍しくて、何だかワクワクしました。

ガイドの竹本さんが何度もおっしゃっていたように、

東谷の魅力は大土!

大土町は、ここからさらに山奥に入ったところにあります。
山道をずっと走り続け、「・・・道まちがえた??」と思った頃に、突如として出現します。

今回は、大型バスが入れないという事で、大土まで行くことができずに本当に残念!!

みなさんにもあの日本昔ばなしに出てくるような田舎の原風景をご覧頂きたかったです(TOT)

私は個人的に何度か大土にはお邪魔させていただいているので、
そこでの様子も近日ブログで紹介させていただきたいと思います♪

 

【おまけ】大土町の写真をちょっとだけ
これは、確か12月に入ったばかりの頃です。

↓     ↓     ↓     ↓

DSC01101.JPG今日のブログはここまで。

明日も更新できるかな~
明日更新したら、「事務局だより・いしかわ旅日和」はじまって以来の5日連続更新という偉業を果たすことに・・・('v')ニヤリ

ではとりあえず、また明日~。

yachi

続きはコチラ・・・・「どきどき・・・セグウェイ体験(加賀研修旅行⑤)」

大聖寺流し舟(加賀研修旅行③)

2013-04-10

シリーズでお送りしております、加賀研修旅行記。
今日は第3弾です。

こうしてスタッフブログを書いて公開しているんですが、実際に読まれているのか非常に謎なんです(^-^;;

そんな時、先日のの加賀研修旅行の際に、「スタッフブログおもしろいね!」と言って下さった特使の方が!!

エッ(゚〇゚;)!

嬉しさと驚きが半分半分。
ほぼ読まれていないと思っていたので、意表を突かれた思いでした。

こうして読んで下さっている方、ありがとうございます!

毎回読んで下さっている方、時々見て下さる方、間違ってクリックしてしまった方、検索サイトから訳も分からず流されて来てしまった方、
みんなみんな ありがとうございます!!

みなさんのために今日も私はブログを書きます(`д´ )ゞ!

 

 

という訳で、今日は、先月31日(日)に行われた「いしかわ観光特使研修旅行・加賀」の大聖寺編です。

研修旅行記in加賀(片山津温泉「街湯」の巻)4月8日(月)公開

片山津温泉界隈をぶらり(加賀研修旅行②)4月9日(火)公開

 

大聖寺は、加賀藩第三代藩主・前田利常の三男利治を藩祖として誕生。
以来、明治期に至るまでの230年間、錦城山の麓には藩邸や武家屋敷、その東側には鍛治町鉄砲町など職人の町、南側には町の防備も兼ねて「山の下寺院群」を配置するなど、町割りのしっかりした城下町が置かれました。

 

そんな大聖寺にぴったり、風情と情緒あふれる「大聖寺流し舟」を体験していただきました(^O^)/

大聖寺川を舟に乗って、ゆったりと川下りするというもの。(リンク

 

期待していた桜ですが・・・

 

 

 

なんと、舟乗り場にあった2本だけが満開!!!!

大聖寺.JPG全体的に桜の花はまだつぼみが開きかけている状態。
写真にある満開の桜の木は、見た目は普通のソメイヨシノでしたが、ほかの桜と品種が異なり早咲きの桜だそうです。

ということで、流し舟と桜のコラボレーションが実現!

桜と渡し舟.JPG

DSC01911.JPG

ゆったりとした時間が流れていますね。

もはや現代とは思えません。

渡し舟②.jpg

旅行後に提出していただいたアンケートでも、この渡し舟は大好評でした!

その中の感想をいくつかご紹介します。

  • ・ゆったりとした舟、水面から見える景色、のびやかな歌、心休まるとてもいい時間を過ごすことができた。
  • ・今の時代に考えられないスピード感。普段の生活と全く異質の空間・時間。
  • ・風情があって船頭さんの歌もよかった。桜が満開でなかった事と、風が冷たかったことが残念!!
  • ・初めてだったので、雰囲気・情緒ともに満点。

 

大聖寺には、この流し舟以外にも見どころがいっぱいあます。
舟を乗る待ち時間や舟から下りた後、ガイドの竹本さん、道場さんとともに大聖寺の町を散策しました。

深田久弥 山の文化館

20130331観光特使研修旅行加賀Richo 025.jpg 20130331観光特使研修旅行加賀Richo 032.jpg

【江沼神社】

DSC_0046.jpg DSC01903.JPG 

 

歩いて移動できる範囲に散策スポットがたくさんあるのは良いですね。

 

 

渡し舟と大聖寺散策の後は、お楽しみの昼食タイムです。

昼食は、「加賀料理 ばん亭」さんでいただきました。

DSC01914.JPG

三段のお重に入ったお料理。

中を開けると・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

\(*^▽^*)/

DSC01915.JPG

彩りがキレイ!

しかも、食材の多くは地元の旬のものを使っているそうです!

料理長さんがお料理の説明をして下さりました。

今回の昼食もすごく好評でしたね!

DSC01916.JPG DSC_0067.jpg

しかし、私は生の魚が苦手なのです(;-;)
「石川県民なのにもったいない~!!」とよく言われるんですが・・・
まぁいいさっ、その分、地酒を飲み尽くしてやります('v')ニヤリ

いつもお刺身はおいしく食べていただける方に差し上げて食べていただきます。
不本意に鍋に入れられたり水と一緒に飲み込まれるより、魚にとって幸せでしょうからね。
 

 

食事をしながら、今回の研修旅行や普段の活動について話が盛り上がっていました。

おいしいものを食べていると、話って弾みますよね。

20130331観光特使研修旅行加賀Richo 035.jpgお腹いっぱいになったところで、一行は大聖寺を後にし、山中温泉に向かいました!

ヤチ   (次回④山中温泉と伝統の美 に続く・・・)

片山津温泉界隈をぶらり(加賀研修旅行②)

2013-04-09

おはようございます♪

金沢市内の小中学校、高校は、昨日から新学期がスタートしました。

にしても寒い・・・。金沢市は最低気温7℃、最高気温10℃の予想です。

入学式の頃ってこんなに寒かったっけ・・・

まだコートは手放せません(>_<)

 

 

今日は、加賀研修旅行記②です。
前回はコチラ→研修旅行記in加賀(片山津温泉「街湯」の巻)

 

片山津温泉の町なかを散策していると・・・
ひときわ風情のあるベンガラ格子の建物が!!

というわけで突撃~ (o゚∀゚)o

 かつての芸妓さんの練習場「芸妓検番」 

温泉街のほぼ真ん中にある、「芸妓検番」は大正9年に建てられた建物で、芸妓さんの練習場として使われていました。

↓    ↓    ↓    ↓

DSC01862.JPG

建物の中は、昔にタイムスリップしたかのような空間。
ここはけっこう好きです!

資料室として見学できるのは2階の座敷一間とホールです。
当時の様子や雰囲気を感じることができる場所です。

 

玄関を入ると、まず頭上に大量にある大量の提灯が目に入ります。

芸妓さん一人一人の源氏名を入れて奉納されており、大きな提灯には置屋の名前が入っているんです。

DSC01872.JPG

 

ここは大ホール

↓   ↓   ↓

DSC01864.JPG

アーチ型のステージ壁や畳の上に置かれたソファなど、大正っぽいです。

ここは芸妓さんの練習や発表の場として使われただけではなく、

夜はなんとダンスホールに変身!

畳の下は光沢のあるフローリングになっています。

 

DSC01871.JPGダンスホールとして使用していた頃の面影が残る、
受付カウンター

ここで料金を支払っていたようです。

 

 

 

 

奥にある畳の部屋は、当時、師匠の休憩場として利用されていて、今は展示室になっています。

展示室の中には、芸妓さんが着ていた黒留袖や帯のほか、櫛やかんざし、扇子なども展示されています。

左下の写真は、「芸妓札」と呼ばれ、芸妓さんがお座敷に上がる際に、名札を黒から赤にひっくり返して就業状況を確認していたものです。

DSC01865.JPG DSC01866.JPG

ガラス障子の桟が、温泉マークになっています!!

↓    ↓    ↓    ↓    ↓

DSC01870.JPG

DSC01869.JPG

現在、片山津には芸妓さんがいないため、この建物は寄席やライブ会場として使用されているそうです。

 

芸妓さんの文化にふれた後、片山津を後にし、大聖寺に向かいました!(次回に続く)

ヤチ

続きはコチラ・・・・・③大聖寺流し舟

研修旅行記in加賀(片山津温泉「街湯」の巻)

2013-04-08

3月31日(日)に行われた、平成24年度第4回研修旅行(加賀)についてご報告します。

超年度末のお忙しい中、今回はなんとドーンと38名もの方にご参加いただきました!!

ありがとうございます!!!!!!

 

今回は加賀地域ということで、コースのおさらいをしますと・・・
↓    ↓    ↓    ↓

WS000002.JPG盛りだくさんのモリモリプランです♪
あまりに濃い一日で、一回のブログでは書ききれないため、
今回も数回に分けて研修旅行の様子をお伝えしたいと思います。

 

というわけで、今回は片山津温泉について書きたいと思います。

 

朝は、金沢駅を出発したバスは県庁経由で片山津に向かいます。
バスの車内では、恒例の自己紹介タイムがあり、一人一言ずつお話していただきました。

私は第2回の能登以来、2回目の参加です。
自己紹介でもお話ししたんですが、事務局の日常業務の中で特使の方々と関わるのはメールや電話がほとんどで、実際にお目にかかれる機会は研修旅行のみなので、けっこうワクワクして来ました♪

 

そうこうしているうちに片山津に到着!

このペースで書いていくと、相当な長文が予想されます(^▽^;)
最後まで読んでもらえない可能性大!それは困る!
路線変更、割愛しながらハイライトだけ書く事にします。

 

①片山津で合流、スゴ腕ガイドさん!

この日、ほぼ一日お付き合いして下さった「加賀あいりすガイド」の竹本さんと道場さんです。

DSC_0001.jpgのサムネイル画像  DSC_0006.jpgのサムネイル画像

★黄色のハッピが竹本さん、紫のハッピが道場さん

道場さんは、以前、東谷の取材の際、大変お世話になったガイドさんで、久々の再会に感動しました!
この日一日は、お二人の豊富な知識にびっくりする事ばかりでした。

竹本さんは、バスの中でも大聖寺藩と加賀藩の歴史についてお話をして下さり、みなさん、資料を見ながら話に聞き入ってらっしゃいましたね。

 

②片山津温泉新総湯「街湯」

DSC01832.JPG

新しくなった片山津温泉の総湯。

温泉=和風のイメージを覆す、全ガラス張り、コンクリ打ちっぱなしのモダンな建物。
広大で開放感ある柴山潟の景色と意外に合ってます。

 

階段を上って展望台に向かいます。

DSC01834.JPG

その先には・・・

 

 

 

大パノラマが出現!

DSC01835.JPG

 

思わず歓声が上がります。(ノ゚ο゚)ノおぉーーー

DSC01838.JPG DSC01836.JPG

派手はありませんが、波もなく、ただただ静かです。
風に当たりながら一人物思いにふけるには絶好のロケーションです。

 

③浮御堂

その後、街湯を出て、柴山潟の中にある「浮御堂」(うきみどう)へ。

浮御堂には、柴山潟にのびる桟橋を歩いて向かいます。

DSC_0017.jpg

水面に浮かんでいるような不思議な御堂で、夜はライトアップされ、さらに幻想的な景観になるようです。

DSC01851.JPG

④片山津界隈をてくてく散策

ここ、片山津温泉は、世界で初めて人工的に雪の結晶を作った中谷宇吉郎の出身です。

温泉街を歩いて行くと、いたるところに雪の結晶をモチーフにしたデザインが隠されています。

DSC01857.JPG DSC01859.JPG コピー ~ DSC01858.JPG

足湯.JPG通り沿いに足湯を発見!

すぐに靴をぬいで、足湯に浸かっていらっしゃる特使の方もいらっしゃいましたヽ(´▽`)/

 

今回、総湯めぐり(見学)は多いんですが、スケジュールには温泉に入るプランはないので、せめて足湯だけでも入れたらよかった~( ´△`)アァ-

今度ゆっくり来た時に温泉も足湯も入りたいと思います rock

 

 

 

非常に中途半端ですが、ひとまず今日はここまで。

最後まで読んで下さった方ありがとうございます。

次回、またこの続きをUPします(*^-^)b

 

今日の金沢は寒いです。
昨日の暴風雨はひとまず止みましたが、まだ風が強く上着がないと寒いです。

寒暖の差が激しい今日このごろ、体調に気をつけないと・・・ですね。

ではまた明日!

ヤチ

続きはコチラ・・・・・・・②片山津温泉界隈をぶらり

 

 

 

前の10件 14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24