本文へジャンプ

事務局だよりいしかわ旅日和

氷見(高岡)行ってきました・・Part2・・

2014-12-24

先日、高岡経由~氷見を通って~能登に行って来ました!

まだ雪が降る前だったので、快適なドライブの旅でした。
今日は、氷見にある「光禅寺」をご紹介します♪

氷見(高岡)行ってきました・・Part1・・はコチラ

 

 

氷見市の比美町商店街には、漫画家 藤子不二雄Ⓐの生家である「光禅寺」があります!

 

 

比美町商店街の通りを車で走ると、こんな感じです!
見えるかな?
 
比美町商店街01.jpg
 
町のいたるところに、 ハットリ君や怪物君が!!

人形もありましたよ♪
 

 

ゆっくりと歩いて見たかったんですが、この後、釣りに行かねばならない強行スケジュールのため、今回は断念。。

 
比美町商店街02.jpg
 
 
 
藤子不二雄Ⓐ氏の生家である「光禅寺」に到着。

光禅寺01.jpg
 
 
 
 
門をくぐると、藤子不二雄Ⓐ氏の代表作のキャラがお出迎えしてくれます^-^
 
 
光禅寺02.jpg
 

 
庫裏の玄関には、喪黒福造がドーン
 
光禅寺03.jpg

 
光禅寺06.jpg
 
 

広間の奥には、藤子不二雄Ⓐ氏がトキワ荘14号室に住んでいた頃に使用していた机が展示されています。

前の入居者だった手塚治虫先生から譲り受けたものだそうです。

 

昭和29年の物で、傷んでいる部分がガムテープで補強されています。

 

光禅寺04.jpg
 
 
 

お仕事中のようです。
その表情は真剣そのもの。

 
光禅寺07.jpg
 
 

なに描いてるのかな。
覗き込んでみると・・・

 
光禅寺05.jpg

ハットリ君だ!!ニンニン。

 

 

広間の奥にはししまるも鎮座。
ちくわを欲しています。

ししまる.jpg
 
 

一番の見所は、机が展示されているこの広間ですが、ここ以外にも藤子不二雄Ⓐ氏のイラストがたくさん飾られています。

親戚の家に来たようなリラックスできる雰囲気もいいですよ~

落ち着きます。

これだけ楽しめて入館料0円、自由に拝観できるのもうれしいです^-^

 

 

 

光禅寺を出てから、近くにはヒミングアートセンターというレンガ倉庫があります。

元々は、味噌や醤油蔵だった空間をリノベーションした造りで、とてもお洒落で落ち着きのある雰囲気でした。

建物の中には、ヒミングカフェというカフェも併設されています。

 
himingAC.jpg
 

ヒミングアートセンターでは、スロヴェニアの写真家、ボヤン・ラドヴィチさんの作品展が開催されていたので見てきました。

 

建物の外には、ご本人がいらっしゃって、挨拶しました^-^

カタコトの英語、へんな英語、、通じてました。

英語ってすごい・・・ってか、ラドヴィチさんの想像力に感服 m(_ _)m

 

氷見の旅はここまでです。

 

 

この後、レンガ倉庫のすぐ隣にある釣具屋さんでエサを調達し、能登に向かいました^-^;

turiguya.jpg

 
 
 

店の出口には、お店からのあたたかいメッセージが。

turiguya2.jpg
 
 
 

到着したのは、七尾市の佐々波漁港!

sasanami.jpg
 

堤防に100以上の名画が模写されている漁港です。

 

運動神経ゼロの私は、まさかの堤防を上る事ができず・・・

↓   ↓   ↓

(ものすごいボロいハシゴなのです、、これ)

sazanami.jpg
 
 

あきらめかけた時、

隠れた場所にコンクリートでできた立派な階段を発見。

なんとか釣りしてきました。。

sazanami2.jpg
 

しかしながら、日もだいぶ落ちていて、釣果ないまま帰路に・・・^-^;;

 

帰りにまつや寄って、とり野菜みそ鍋たべて帰ってきました♪

あったまる~~♡

torimiso.jpg
 

市販の「とり野菜みそ」買って家でつくるのと全く同じ味でした!!笑

 

そして、こんなところにもひゃくまんさん^-^;
(植樹祭バージョン)

torimiso2.jpg
 
 

高岡~氷見~能登の旅はこんな感じでした!

時間に余裕があれば、能登で一泊して、翌日に能登を観光してもよさそうです。

のと里山海道もいいですが、たまにはこのルートもオススメ。

 

今回、ただただ心残りなのは、雨晴海岸からのぞむ立山を撮り損なった事・・・

一番のセールスポイントなのに~~

 

天気がよかったので、とてもクリアに見えました☆

高岡・氷見ルートは晴れの日に是非ドライブしてみて下さい。

 

逆に天気が悪い冬の日は、吹きっさらしなので、ちょっと過酷な道かもしれません。。

運転にはくれぐれもお気をつけください。