本文へジャンプ

事務局だよりいしかわ旅日和

氷見(高岡)行ってきました・・Part1・・

2014-12-02

「いしかわ観光特使」のブログに、富山ネタってありですか?

決してネタ切れではありません~(^-^;汗
たぶん・・・

 

11月末に、高岡~氷見経由で能登の方に行ってきました。

のと里山海道を通って行くのもいいけど、高岡から氷見に抜け、能登に続くルートはすごく景色がいいと聞くので行ってきました!

 

朝早起きして金沢を出発!
(出発9時・・・)

 

高岡市が誇る国宝、瑞龍寺を見学。

1601111_489722071165696_8340518154990618210_n.jpg

 

10374519_489713384499898_3229436015553732366_n.jpg

 

この日は天候がよかったので、雲ひとつない青空が広がっています。
富山県に入ってからは立山がとても美しく見えていました!

 

 

その後、高岡銅器のお店見学・・・

10423282_489713774499859_3261785443323984449_n.jpg


10407257_489713541166549_1896391999223289017_n.jpg

最近の伝統工芸はオサレです。
お値段もちょい高めですが、贈り物にいいですね。


 

その後、かけ足で伏木にある高岡市伏木気象資料館

伏木1.jpg

ここは、マニアックな観光地?ですが、すっごい良かったです!

 

明治42年に建てられた建物は、幸運にも手厚い保護を受ける事なく、当時の面影がガンガンに伝わってきます。

 

入り口を入ってすぐ正面にある階段は、まるで映画のセットのよう。
隣の木のドアは老朽化によって隙間があいてる!

1459695_489712691166634_8182101830926280219_n.jpg

 

全国初の私立測候所としてスタートし(伏木在住の廻船問屋を営む藤井能三氏が私費で建設)、現在に至るまで100年以上も毎日、気象情報を記録し、全国に発信しています。

館内には、当時使用していたさまざまな計測器や資料が展示されていたり、歴史が紹介されたりしています。

 

10615341_489718677832702_7817292574064436281_n.jpg  10428598_489718134499423_1051623269043666967_n.jpg

 

ここは書庫だったようです。

↓   ↓   ↓

63480_489717164499520_4722529722490853111_n.jpg  10157129_489713644499872_6309531829979005506_n.jpg


当時の方がここにいた感がひしひしと伝わってきます。

ふつうの観光スポットには飽きた~って方や、この時代に興味がある方にはオススメ。
ほかのお客さんは、おそらくほとんどいないと思うので、ゆっくりと見学できます。立地も見晴らしがよく、静かな場所ですよ。

個人的には瑞龍寺より断然こっちですねー

ぜひ石川県観光とセットで訪れてみてくださいね!(・・・っていちおう言ってみた^-^;;)

 

 

外の観測機たち。

風速や音頭、湿度、地震、降雨、降雪・・・などなど、あらゆる気象情報を記録し続けています。

平成10年からは完全オートマチック化されているとのこと。

↓   ↓   ↓

10469898_489718571166046_376713635816106190_n.jpg

 

すこし高台に建っているのでロケーションも最高です。
奥に立山!見えるかな?

↓   ↓   ↓

10731208_489712331166670_5662896702412819900_n.jpg
 

 

資料館の方からは丁寧に説明も受け、とても分かりやすく、伏木の歴史や観測所に興味をもちました。
ありがとうございました~

というわけで、この後、氷見から能登に入ったんですが、長くなってきたので、今日はこのへんで終わります。自由だー^-^;;笑