本文へジャンプ

事務局だよりいしかわ旅日和

【研修旅行②】~新緑の那谷寺~

2014-08-12

今週はお盆ですね。
事務局は、14日(木)~17日(日)までお休みをいただきます。よろしくお願いします~!

 

今日は、6月29日(日)に行われた研修旅行記の第2回目です。
全部で何部構成になるのか、全く計画立てずに書いているので、いつ終わるのか見当もつきません。。汗
もしかしたら今日で旅行記終わるかもしれません・・・

 

今回は、「研修旅行①~曳山会館みよっさ~の続き、

 

小松市にある「那谷寺」についてご紹介します。

那谷寺と聞くと、紅葉のイメージが強かったんですが、夏の那谷寺も風情がありました。

 

那谷寺は、十一面千手観音、白山ひめの神、自然の岩山洞窟を本尊とする寺院で、本殿が岩窟内にあります。

 

訪れた時期はまだ梅雨のころで、青苔がとても美しかったです。

DSC05483-3.jpg

 

金堂 華王殿
(こんどう けおうでん)

DSC05485.JPG

「金堂 華王殿」の中には、十一面千手観音が安置されています。
写真が暗いので、ちょっと・・・っていうか全然見えませんが、建物の2階部分に千手観音の頭部分が見えます。

残念ながら、中は撮影禁止だったのですが、気になる方はコチラのホームページより十一面千手観音がちらっとだけ見れます。でも小さいんですよね・・・雰囲気だけ味わってください。

十一面千手観音は、とても巨大でした。
たくさんある手は、『千手』と呼ばれ、その掌一つ一つに目がついています。

その目を以って千の世界を見渡し苦しむ衆生を見つけ出して救い取るとされています。

手には、さまざまな持ち物を持っていて、苦しむ人を救う際に、その人に適したアイテムを使って救うみたいです。中には、弓などの武器も見えます。

 

 

普門閣(宝物館)
(ふもんかく)

DSC05487.JPG

 

 

普門閣を過ぎると、参道が続きます。

参道の左側には、奇岩遊仙境が広がります。

 

 

那谷寺と言えばこの景色!

DSC05488.JPG

奇岩遊仙境は、太古の噴火の跡と伝えられ、長い年月の間、波に洗われ今日の奇岩が形成されました。

 

 

参道を歩き続け、本殿に向かいます。

 

 

ぞろぞろ。

DSC05491.JPG

 

このへんで、ふと気づくんですが、那谷寺って、、こんなにしんどい場所だったっけ・・・

けっこう歩きます。
階段や坂もあって、運動不足の私は、この辺りで最後尾を歩いていました。

 

 

岩屋本殿(重要文化財)

DSC05495.JPG

拝殿の中に入ると奥の方に、御前立の観音様が見えました。
岩肌と本殿の隙間が狭い通路になっているのでその通路を辿って本殿の周囲をぐるりと巡るのが、胎内くぐりです。
 
本殿入り口にこんな説明が
↓   ↓   ↓
 
那谷寺胎内くぐり.JPG
 
 
 

本殿を過ぎると、あじさいゾーンに突入。

左側には静かな池があり、ロケーションいいですね~。ここ。

このじめじめした感じがいいです。

 

DSC05499.JPG

 

DSC05500.JPG

 

この日、雨上がりの後だからか、しっとりひっそりとした雰囲気でした。

 

DSC05502.JPG

 

 

 

三重の塔

DSC05504.JPG

 

 

扇垂木(おうぎだるき)と言って、扇状に垂木を配列してあります。

↓   ↓   ↓

DSC05511.JPG

 

三重の塔のすぐ側にかさじぞう様が。。凜としてます。

DSC05507.JPG  DSC05508.JPG

 

 

楓月橋を歩いて、鎮守堂へ向かいます。

DSC05513.JPG

 

 

橋をつくった人の遊び心で、この楓月橋のどこかに猿の木彫りがいます。のんびりと橋を渡りながら、猿を探してみましょう。

・・・と思いきや、

 

あ!いた!
速攻。しかも目立つ所にいる!

DSC05514.JPG  DSC05515.JPG

猿の表情は、想像していたよりも恐い顔つきでした。

 

 

DSC05516.JPG

 

ここから望む奇岩遊仙境の眺望は境内で一番美しいと言われています。

 

たしかに!
観光パンフなどに登場する典型的な那谷寺ですね~

DSC05517-2.jpg

 

松尾芭蕉の句碑を見つけました。

DSC05519.JPG

石山の 石より白し 秋の風

元禄二年八月五日芭蕉翁は那谷寺を訪ずれ、奥の細道に上の句を記しています。

「那谷寺の境内にはたくさんの白石があるが、それより白く清浄に感じるのが吹き抜ける秋の風だ。境内にはおごそかな空気がたちこめている。」という意味だそうです。
(「2009 奥の細道 朗読」より)

 

護摩堂のそばで、ヘビに遭遇。
何となくご利益ありそう!
↓   ↓   ↓

DSC05522-2.jpg

 

夏の那谷寺は、こんな感じでした。
数々の文化財も注目すべきですが、境内の自然がとても美しく、空気が冷たくて気持ちのよい場所でした。

 

DSC05523.JPG

 

苔!

DSC05494.JPG

 

次回は、ゆのくにの森からのレポートです。お楽しみに!

→→→→【研修旅行③】~Lady Kaga岸田さんLOVE♥の巻~