本文へジャンプ

事務局だよりいしかわ旅日和

【第1回いしかわ観光特使研修旅行①】~曳山会館みよっさ~

2014-08-08

かれこれ1ヶ月以上前の話になりますが、

6月29日(日)に、「第1回いしかわ観光特使研修旅行(加賀日帰り)」が行われました。

今回のテーマは、「加賀のNEWスポットと話題の地めぐり」。
昨年5月にオープンした「こまつ曳山開館みよっさ」、今年の3月、オープンしたばかりの「サイエンスヒルズこまつ」など、出来て間もない新しい施設や今話題の場所がコースに組み込まれました。

 

 

旅行の行程はこんな感じ

↓   ↓   ↓

旅行行程.JPG

 

今回は、総勢で28名です!

ありがとうございます!
愛知県、京都府、千葉県など、はるばる遠方から参加していただいた方もいらっしゃいました。

今回、残念ながら参加することができなかった方は、このブログを見て、参加したつもりになってくださいね。

 

今日は、「こまつ曳山会館みよっさ」と那谷寺までをご報告します!

 

 

「こまつ曳山開館みよっさ」

小松駅から徒歩5分の場所にあります。

 

外観はこんな感じ。
左端にちらっと映ってますが、商店街の隣です。

↓   ↓   ↓

DSC05469.JPG

 

建物にはみよっさのロゴマーク。
このロゴマークかわいくないですか?(^m^ )
↓   ↓   ↓

rogo.jpg


くるんとしているのは、「MIYOSSA」のMですね。

 

「みよっさ」は、小松の方言で「~してみようよ」意味。
「行ってみよう」、「伝統芸能に触れてみよう」、「体験してみよう」の意味と、
展示されている曳山や伝統芸能の発表を「見る」という2つの意味を込めています。

 

 

ここで、今回の旅をナビゲートしてくれる、「ほっと石川観光マイスター」の、関戸さんと合流しました。
関戸さんは、小松観光ボランティアガイドの会「ようこそ」の会長さんで、いしかわ観光特使でもあります。
関戸さん、今日一日よろしくお願いします~。

DSC05458.JPG

 

 

中に入ると、目の前にキラキラした曳山2基が目に飛び込んできます☆

DSC05456.JPG

 

毎年5月に行われる「お旅まつり」では、曳山を舞台にした子ども歌舞伎が大人気です。

現存する曳山は、全部で8基あり、今まではお旅まつりの時にしかお目にかかることが出来なかったのですが、この曳山会館では常時2基を展示しています。

 

 

 

豪華絢爛!

特徴としては、仏壇のようなつくりになっている事です。
そういわれれば、なんだか仏壇っぽい!

↓   ↓   ↓

DSC05459.JPG

 

漆塗りで、何度も何度も塗り重ねて、約250年間保存されています。
総漆塗りで、値段にすると、1基で1,000万円以上するとか (゚Д゚)

DSC05461.JPG

 

曳山の舞台は、およそ6畳ほどのスペースになっていて、そこで子どもたちは歌舞伎を披露します。

花道が付いているのも、小松の曳山の特徴だそうです。

 

DSC05460.JPG

展示されている曳山は、ゆっくりと回転しているので、360℃さまざまな角度から見ることが出来ます。

 

 

「お旅まつり」では、八基曳き揃えといって、すべての曳山が勢ぞろいします!
こんな感じみたいですよ~☆
↓   ↓   ↓

お旅まつり曳山写真.JPG

おー、めっちゃ輝いています!!
でも、キラキラエフェクトすごすぎて全貌が見にくい・・・

 

 

館長さんや関戸さんのお話を聞いたあと、お旅まつりで子どもが歌舞伎を演じている実際の様子を鑑賞しました。

子どもと言っても侮ってはいけません。
長い台詞も完璧に覚えて、大人顔負けの演技に感動しました!
お旅まつり本番のためにずっと練習していたのがわかります。

親御さんは号泣ですねー。

「曳山は美術品、芝居は芸術品」という関戸さんの言葉のとおり、歌舞伎を演じる子どもたちは豪華な曳山に引けをとらない見事なものでした!

 

 

曳山以外にも歌舞伎についての書籍が並ぶライブラリコーナーも。

DSC05466.JPG

 

 

お祭の法被も展示されています

DSC05465.JPG

 

ここで、曳山について理解を深めてから~、お旅まつりに参加したほうが絶対いいですね!楽しさ倍増!
一緒に行く人に、うんちく言い続けて、相当めんどくさい人になりそうです(;゚∇゚) っていうか、絶対なります。

「お旅まつり」は、まだ行った事がないのですが、今までニュースや新聞、ネットでしか見る事がなかった、曳山や子ども歌舞伎について僅かながら知ることで、実物の曳山も見てみたいし、祭の雰囲気の中で本物の子ども歌舞伎を鑑賞してみたいと思いました!
きっと、ここに訪れると、みんなそんな気分になると思います。

 

「曳山会館みよっさ」を鑑賞後は・・・同じく小松市にある、「那谷寺」へ移動!

【研修旅行②】~新緑の那谷寺~へつづく。