本文へジャンプ

特使事業協力施設&イベント情報

俳句 佳作

浅野川友禅流し見る小春 江田 三峰 北海道
朝神楽尾山の杜の梅匂う 井田 壽一 滋賀県
ホーヤネの踊り流しの輪に入りぬ 杉本 利明 岐阜県
雪吊りを解いて娘のきょう佳き日 福島 敏朗 神奈川県
梅の香や昼を灯して時雨亭 五嶋 吉人 石川県
雪吊りの縄一瞬に宙へ投ぐ 吉川 弘子 神奈川県
秋誘ふ犀川べりの夜風かな 北川 昭久 千葉県
瑠璃蜥蜴百万石の紋所 林 たかし 東京都
三味の音に紅柄格子夏のれん 山口 健次 石川県
春風や周遊バスの走る街 東根作 俊一 埼玉県
水鏡やさしさ一つ雪景色 東根作 俊一 埼玉県
御荷川の水を引きたる夏座敷 髙柳 満子 石川県
加賀友禅灯籠流す夢幻の夜 右田 俊郎 東京都
雪吊りに主役奪はる兼六園 高野 山川 愛知県
城からの風に吹かれて朝桜 纐纈 敏彦 岐阜県
塀に菰かかり整ふ武家屋敷 不破 鏡子 石川県
百万石まつりや街に木遣歌 不破 幸夫 石川県
浅野川水面をわたる春の風 寺尾 憲一 東京都
城濠にうちひろごれる月の波 笠森 きみゑ 石川県
迎賓館成りし庭園露涼し 笠森 きみゑ 石川県
千枚の櫓田風が登りゆく 野上 卓 東京都
早乙女や茜に染まる千枚田 岸野 孝彦 兵庫県
大寒や御陣乗太鼓海へ打つ 五嶋 吉人 石川県
頬被して朝市女買ふてくだ 野林 康子 石川県
大寒の祖院に刻の隙間なく 大田 瓔子 石川県
一陣の風一瞬の波の花 神馬 せつを 石川県
荒磯波稲穂の波や千枚田 西田 梅女 石川県
百体の百面相の雪だるま 亀田 蒼石 石川県
秋麗や真水の底の堅豆腐 亀田 蒼石 石川県
白といふ轟く滝にある力 東根作 俊一 埼玉県
姫神のうつし身なりや黒き百合 古曽部 弓 北海道
白山のみちを狭めて草紅葉 高橋 佳子 石川県
白山の水の走れる大花野 笠森 きみゑ 石川県
花筏ふたつにさいて流し舟 中江 三青 鳥取県
だしぬけに鵙の声きく鶴仙渓 山内 美子 石川県
山中の林道そめて山毛﨔もみじ 山内 美子 石川県
菖蒲湯の香りうれしや加賀の旅 石黒 由美子 石川県
涛飛沫去年今年なき能登金剛 五十嵐 一雄 石川県
白山を遠見に盆の門火かな 池田 みち子 石川県
那谷寺をめぐる太古の萩の風 前川 康子 福井県
火の神が能登であばれる宵まつり 三島 明 静岡県
塩田の潮の飛沫へ虹架かる 浅田 睦子 石川県
田植すみ能登は祭の仕度かな 五嶋 吉人 石川県
秋天を塔が截り取る妙成寺 瓦家 克己 兵庫県
海色にボラ待ちやぐら染まりゆく 中江 三青 鳥取県
葡萄棚広がる砂地緩斜面 中塚 映通子 石川県
御田植や朴の葉に盛るにぎり飯 北川 匡子 大阪府
奥能登の冬は田神を住まはせて 神谷 章夫 神奈川県
寒鰤の競り声高し加賀訛り 右田 俊郎 東京都
鰤起し波もつれ散る禄剛埼 高橋 佳子 石川県