本文へジャンプ

いしかわの観光 川柳・俳句

入賞作品

いしかわ観光特使が石川県のPRに利用する名刺の裏面に活用されています。

雪吊りや池に映へたる相似形
松本 詩葉子(石川県)
友禅も情けも流し女川
岡本 聡(石川県)
大夕焼海も棚田も一色に
亀田 蒼石(石川県)
能登訛り真似て値切った朝の市
岡本 邦夫(石川県)
白峰の一村挙げて栃のもち
高橋 佳子(石川県)
山の雪とけてたっぷり美味な水
沢野 しげ代(石川県)
紅葉燃ゆこおろぎ橋に下駄の音
高野 山川(愛知県)
陶芸の文化を今に九谷焼
上原 一郎(岡山県)
竹たわむほどにころ柿吊られをり
浅田 睦子(石川県)
柿すだれ風の情けが身に凍みる
浜木 文代(石川県)
那谷寺の明るき紅葉踏み歩む
道下 富美子(石川県)
夜も更けて 月と二人の 露天風呂
南 英市(滋賀県)
奉灯の傾きにうねる祭人
浅田 睦子(石川県)
大キリコ大あばれする能登の夜
藤井 史朗(石川県)
断崖のランプの宿におぼろ月
神馬 せつを(石川県)
灯台は男波女波の別れみち
作田 実(石川県)
足裏の春めく心地足湯かな
杉本 利明(岐阜県)
青柏祭七尾乙女の瞳燃ゆ
大田 英夫(山口県)
風鐸を誘う風にも秋の色
池田 みち子(石川県)
千里浜をひとりドライブ夕陽染む
長谷川 徳恵(富山県)
鯔待ちの櫓に没り日赫あかと
杉本 利明(岐阜県)
今昔の鯔待ち櫓能登の海
樋口 嘉一(大阪府)
倶利伽羅の山雨に勢ひ今年竹
笠森 きみゑ(石川県)
源平も芭蕉も超えた歴史道
大西 彩菜(石川県)
手取川焦がす花火の二万発
西田 さい雪(石川県)
川北の夜を彩る大花火
嵐 禎暁(石川県)
爽秋や九谷の五彩際立てり
谷口 ひとみ(石川県)
九谷焼伝統の技受け継がれ
米 美恵(兵庫県)
はまなすの砂丘これより能登路かな
村上 珠美(石川県)
大凧に思いをのせて大空へ
鈴木 里枝(石川県)
太鼓打つ童の列や虫送り
中塚 映通子(石川県)
じょんからで友も知らぬも皆踊る
湊 正恵(石川県)
宝達の視界を染める大花野
西田 梅女(石川県)
願生寺西も東も宝山
光山 道潤(兵庫県)
ぶどうの香嗅ぎてかほくに想い馳せ
湊 晴菜(石川県)
哲学の道を歩いて考える
鈴木 孝夫(石川県)
合掌す白装束や不動滝
中塚 秀子(石川県)
古墳から往時を偲ぶ雨ノ宮
嵐 真紀(石川県)
鰤糶るや歯に衣着せぬ能登訛
高橋 佳子(石川県)
胃袋はいしかわの旅忘れない
新里 山歩(岩手県)

 

佳作作品