本文へジャンプ

特使事業協力施設&イベント情報

  • 地域の選択
  • すべて見る
  • すべて見る
  • 地域の選択
  • 金沢
  • 能登
  • 加賀
  • 白山

「すごいちいさいかわいい展」

「すごいちいさいかわいい展」

とにかくちいさくてかわいい工芸品を展示します。 展示室:2F第3企画展示室  入場:有料 大人(18歳以上)260円、大人(65歳以上)200円、小人(17歳以下)100円、未就学児無料 ※9月20日(木)は休館 …[続きを読む

2018年8月29日(水)~10月15日(月) 9:00~17:00(但し最終日は15:00終了)

石川県立伝統産業工芸館(〒920-0936 石川県金沢市兼六町1番1号(兼六園内))

「九谷オルゴール」

「九谷オルゴール」

九谷上絵協同組合の取り組む九谷焼オルゴールの展示・販売です。 展示室:2F第4企画展示室  入場:有料 大人(18歳以上)260円、大人(65歳以上)200円、小人(17歳以下)100円、未就学児無料 ※9月20日( …[続きを読む

2018年8月29日(水)~10月17日(水)9:00~17:00(但し最終日は15:00終了)

石川県立伝統産業工芸館(〒920-0936 石川県金沢市兼六町1番1号(兼六園内))

開館記念日・夜間特別開館

開館記念日・夜間特別開館

ライトアップされた夜のひとときを過ごせます。 岡本美穂子・講演記録映像を「学習空間」にて上映します。 ※17:00~18:00まで、一時閉館 ※申込不要 入館料金のみ …[続きを読む

2018年10月18日(木)18:00~20:00

鈴木大拙館(〒920-0964 石川県金沢市本多町3-4-20)

大拙先生の思い出

大拙先生の思い出

D.T.Suzukiとして知られる世界的な仏教哲学者・鈴木大拙(本名:鈴木貞太郎 1870-1966) 当展は、晩年の鈴木大拙にとって「ともなる人」であった、岡本美穂子の語りを通じて、大拙の姿を紹介します。 日系2世の …[続きを読む

2018年7月11日(日)~10月21日

鈴木大拙館(〒920-0964 石川県金沢市本多町3-4-20)

企画展「秋聲の戦争」

企画展「秋聲の戦争」

日清、日露、太平洋戦争下――文芸を統制せんとする国家の動きに対し、〝文学は庶民のもの〟と反発し続けた秋聲の態度を紹介する企画展です。 【開館時間】9:30~17:00(入館は16:30まで) …[続きを読む

2018年7月8日(日)~10月28日(日)※9月3日(月)は一部展示替えのため休館

徳田秋聲記念館(〒920-0831 石川県金沢市東山1丁目19番1号)

わたしの福

わたしの福

魯山人の作品の中で、福の字が書かれた器は多く残されており一つとして同じ字体のものはないといわれています。理由として書道に関しての知識や、中国の書家達の多種多様な書体を数多く見てきた経験などが基となっています。 今回いろは …[続きを読む

募集期間:2018年5月17日(木)~2018年10月30日(火)

魯山人寓居跡いろは草庵(〒922-0242 石川県加賀市山代温泉18-5)

金澤老舗百年会 六の巻

金澤老舗百年会 六の巻

【出展】 能作・池田大仏堂・目細八郎兵衛商店・中村酒造・高橋北山堂・土谷九兵衛 商店・いしや・網善商店 …[続きを読む

2018年8月1日(水)~

金沢市老舗記念館(〒920-0865 石川県金沢市長町2丁目2-45)

ガラスのうつわ ~手から生まれる暮らしのかたち~

ガラスのうつわ ~手から生まれる暮らしのかたち~

近代以降、ガラスが表現素材として用いられるようになると、いわゆるアートとしての作品だけでなく、食器など私達の身近にあるガラスのうつわのかたちにも作家達の多彩な制作活動による多様な表現の展開を見ることができます。 作家が使 …[続きを読む

2018年7月28日(土)~11月4日(日)

石川県能登島ガラス美術館(〒926-0211 石川県七尾市能登島向田町125部10番地)

西田幾多郎哲学講座⑧「ハンナ・アーレント-政治の基礎としての「共通感覚」-」

西田幾多郎哲学講座⑧「ハンナ・アーレント-政治の基礎としての「共通感覚」-」

テーマ: ハンナ・アーレント-政治の基礎としての「共通感覚」- 講 師:仲正 昌樹 氏(金沢大学教授) 西田幾多郎哲学講座は、1990年から続く一般対象の哲学入門講座です。 興味のある講座1回から受講できますの …[続きを読む

2018年11月24日(土)

石川県西田幾多郎記念哲学館(〒929-1126 かほく市内日角井1番地)

特別展「生誕125年 中川一政展 -ひねもす走りおおせたる者ー」

特別展「生誕125年 中川一政展 -ひねもす走りおおせたる者ー」

油彩画で画風の変遷を辿ると共に、晩年精力的に取り組んだ書と陶芸に注目し、その創作姿勢と生き様に迫ります。 【画像】中川一政《唐津皮鯨茶碗―久方―》 …[続きを読む

2018年9月8日(土)~11月25日(日)

白山市立松任中川一政記念美術館(〒924-0888 石川県白山市旭町61-1)

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10