本文へジャンプ

特使事業協力施設&イベント情報

  • 地域の選択
  • すべて見る
  • すべて見る
  • 地域の選択
  • 金沢
  • 能登
  • 加賀
  • 白山

第14回 市民アマチュア美術展

第14回 市民アマチュア美術展

市民アマチュア美術作家による絵画・彫刻・工芸・書・写真作品を展示。 選考委員の審査により、「加賀市市長賞」他各賞を決定し表彰します。 また観覧者の投票により各部門から1点「お気に入り賞」を決定、表彰します。 …[続きを読む

2019年2月9日(土)~3月3日(日)

加賀市美術館(〒922-0423 石川県加賀市作見町リ1番地4)

古代体験春まつり

古代体験春まつり

出土品整理体験、古代ものづくり体験、古代食の試食などができる体験型イベントです。 小さいお子さんから大人まで楽しめます。 参加無料。 午前・午後とも定員100名(※大人・子どもの合計)。 事前のお申し込みが必要です …[続きを読む

2019年3月10日(日) 午前の部=9:30~12:00、午後の部=13:30~16:00

小松市埋蔵文化財センター(〒923-0075 石川県小松市原町ト77-8)

ピアノコンサート~フランスの風景~

ピアノコンサート~フランスの風景~

ちいさな美術館のちいさなコンサート。出演はピアニストの伊藤裕子さんです。 宮本三郎作品とともに、ピアノの美しい音色をお楽しみください。 ◆コンサート時に限り、入館無料 ◆駐車場に限りがあります。なるべく乗り合わせ …[続きを読む

2019年3月10日(日)14:00~15:00

小松市立宮本三郎ふるさと館(〒923-0982 石川県小松市松崎町16-1番地)

企画展「宮本三郎のアトリエにようこそ!」

企画展「宮本三郎のアトリエにようこそ!」

1935年(昭和10)宮本三郎が30歳の時、アトリエ兼自宅を世田谷区奥沢(現宮本三郎記念美術館)に構えました。建物の主要部分がアトリエであり、壁面は白色の漆喰塗り、柔らかな日差しを取り入れるため、北側に大きな窓が設けられま …[続きを読む

2018年12月22日(土)~2019年3月10日(日)

小松市立宮本三郎ふるさと館(〒923-0982 石川県小松市松崎町16-1番地)

企画展「それから~宮本三郎の挑戦~」

企画展「それから~宮本三郎の挑戦~」

絵画の研究家でもあった宮本三郎は、様々なスタイルを取り入れ、作品の風合いを変えていきました。 それは、自身の新しい表現を求めた挑戦の軌跡ともいえます。 本展では、戦後においてどのように自身の表現を開拓していったのか、作 …[続きを読む

2018年12月22日(土)~2019年3月10日(日)

小松市立宮本三郎美術館(〒923-0904 石川県小松市小馬出町5番地)

朗読と篠笛の演奏会

朗読と篠笛の演奏会

宮本三郎の残した書籍『自画像』の朗読と篠笛演奏を、宮本作品とともに楽しみます。 朗読と演奏は藤舎秀志(とうしゃしゅうし)さんです。 ◆参加費:一般400円(展示観覧料)、高校生以下無料 …[続きを読む

2019年3月23日(土)14:00~

小松市立宮本三郎美術館(〒923-0904 石川県小松市小馬出町5番地)

魯山人の名品

魯山人の名品

本展では、斬新で個性的な魯山人の名品の中で、昭和10年頃に古九谷の青手を連想する端皿作品に福の字を描いて制作された名品「色絵福字隅入角皿」の他、赤絵・色絵・金襴手・乾山風・織部・伊賀・志野・染付を紹介します。 特定の …[続きを読む

2018年12月20日(木)~2019年3月26日(火)

魯山人寓居跡いろは草庵(〒922-0242 石川県加賀市山代温泉18-5)

加賀市美術館名品展 「いまよみがえる 加賀江沼の美術」

加賀市美術館名品展 「いまよみがえる 加賀江沼の美術」

当館の所蔵品を中心に、選りすぐりの逸品を展示。 鉄打出工芸の山田宗美、截金工芸の人間国宝・西出大三、加賀藩御抱絵師の佐々木泉景など、郷土ゆかりの作家たちの作品とその魅力を余すところなく紹介します。   〈主 …[続きを読む

通年

加賀市美術館(〒922-0423 石川県加賀市作見町リ1番地4)

【常設展】相田みつを展ギャラリー祥

【常設展】相田みつを展ギャラリー祥

常時40点の作品を展示。人生の応援歌相田みつを氏のことばの数々をご堪能ください。 ◆6月には、相田みつを展オープン記念祭を開催! 恒例の写真展など、オープン記念月の感謝を込めた特別企画を行います。 開催時間: 9:0 …[続きを読む

通年 9:00~16:30

加賀 伝統工芸村ゆのくにの森(〒923-0393 石川県小松市粟津温泉ナ-3-3)

世界の色絵陶磁器ギャラリー

世界の色絵陶磁器ギャラリー

色鮮やかな「世界の色絵陶磁器」約60点を展示。珠玉の作品を堪能いただけます。   陶磁器は、産地の陶土の事情、民族の風俗習慣、そして使用目的等によりそれぞれ独自の変化を遂げております。 就中、九谷焼は、発生 …[続きを読む

通年

加賀 伝統工芸村ゆのくにの森(〒923-0393 石川県小松市粟津温泉ナ-3-3)

1  2