本文へジャンプ

特使事業協力施設&イベント情報

鈴木大拙館交流協定5周年記念特別展 「禅-若き西田幾多郎の葛藤時代-」

西田幾多郎が参禅修行を始めた20代後半、就職はうまくいかず各地を遍歴し、結婚し子どもを持ったものの安定することへの葛藤を抱えていました。
禅修行に励む日々は30代後半までの約10年間続き、一足先に参禅をしていた鈴木大拙からも大きな影響を受けています。
後に大拙は禅(ZEN)を世界に広める思想家となり、幾多郎は日本を代表する哲学者となりますが、彼らにも互いに苦悩を伝え合う葛藤時代がありました。
当展は鈴木大拙館(金沢市)との交流協定5周年を記念し、幾多郎と大拙の交流を紹介しながら、哲学者・西田幾多郎が禅と向き合った若き日々を描きます。

開催期間 平成28年11月1日(火)~平成29年3月26日(日)
開催場所 石川県西田幾多郎記念哲学館
お問い合わせ先 住所:かほく市内日角井1番地
TEL:076-283-6600
添付資料