本文へジャンプ

活動報告

2016年度報告

氏名:塩谷 マクスーダ 職業:石川インド協会 都道府県:石川県
2016年度報告
2016年度報告

・2016年3月
 ジュネーブの国連本部にて、副会長を務める国連NGO「アジア-ユーラシア 人権フォーラム」、石川県で所属する「WFWP(世界平和女性連合)石川」の上部団体「Women’s Federation For World Peace International」の会議に出席。
 連日の会議の合間に石川県を紹介、特に「世界平和女性連合」では、日本での会議に東京会場の他に金沢会場も誘致して欲しいとの代表からの伝言を持ち帰り、WFWP石川にて提案。国連NGOの国際会議でもあり、慎重に検討して頂いている。
 
・2016年8月
 ニューデリーで行った息子の結婚式の際、参列してくださった石川インド協会のメンバーと印日協会メンバーとミーティングを行う。
 印日協会のメンバーは、政府関係者、大学関係者、商工会議所等企業の幹部で構成されており、石川県の大学、産業、観光を中心にアピールを行う。大学や企業進出などで、インドとの交流強化に加えて、かねてより石川インド協会にて検討中の石川県内でのインド映画のロケを行い、石川県をアピールして欲しいとの要望。石川県からのロケ地のプレゼンテーション、撮影期間の宿泊施設の確保、セキュリティーの提案があれば、対応するとの回答を得る。
特に、2017年は、日印文化協定発効60周年にあたり、インド側も非常に協力しやすい環境にあるとのアドバイスを受ける。

セミナー.jpg・2016年9月30日
 エアインディア東京支社の地方都市で旅行会社向けのインドを紹介する「KNOW INDIA セミナー(インドを知ろう)」開催をサポート。アルカ アローラ氏(エアインディア東日本支社長)、木下洋子氏(エアインディア東京支社・営業部長)ほか来県。本年以降のインドでのエアインディアの日本紹介セミナーに石川県を紹介してくれるよう依頼。
  
 石川インド協会主催にて2014年末に日本に赴任された、スジャン・R・チノイ駐日インド大使を招いての「大使歓迎会」開催。
 インドとの交流を深める北陸科学技術大学院大学への視察のほか、前田家縁の宝円寺、兼六園、石川県立美術館をご夫人と一緒に視察して頂き、石川県内の大学とインドの大学との相互交流促進と、毎年増え続けるインド人観光客への石川県のアピールの協力を要請。
 石川インド協会のインドへの石川県のアピール事業、「インド映画の石川県でのロケ誘致」協力、県内大学とインドの大学の提携、県内企業や工芸品等をインド大使館を通じて行って欲しいと言われました。
 本年2017年「日印友好交流年」を機に石川インド協会が石川県の窓口として活動することを要請され、現在、組織の強化を図っている。

歓迎会・法円寺・先端大.jpg