本文へジャンプ

活動報告

2017年2月東京にて伝統工芸九谷焼赤絵細描を通して石川県PR

氏名:宮本 愛美 職業:陶磁器上絵付 都道府県:石川県
2017年2月東京にて伝統工芸九谷焼赤絵細描を通して石川県PR
2017年2月東京にて伝統工芸九谷焼赤絵細描を通して石川県PR

東京にて伝統工芸九谷焼赤絵細描の描き方を2月にご指導させていただきました。
13名様のご参加があり1人1人に石川県の伝統工芸である九谷焼赤絵細描の知識や魅力、九谷焼とは石川県小松市花坂で取れる土の事を示す事etc・・・。
石川県の魅力的な伝統工芸品である九谷焼赤絵細描をPRさせていただきながら赤絵細描をご指導させていただきました。
また金沢市だけではなく九谷焼の盛んな地域、加賀、小松、能美市の観光名所や九谷焼を豊富に見たり触れたり出来る観光スポットや九谷焼茶碗祭りのご案内をさせていただきました。

九谷焼赤絵細描レッスンの後には石川県の和紙で出来た折り紙で小さいバックを折り、その中に石川県の美味しい和菓子落雁を入れ、
ご参加いただいた13名の方々、また今回この企画をご一緒に立ち上げてくださった東京の方々に配らせていただきました。

東京では和三盆の入った石川県の落雁の優しい甘さを皆さん大変喜んでいただいております。
名刺と共に石川県の魅力的な新しい温泉や四季によって楽しめる観光をPRさせていただいております。
四季折々の魅力が溢れる石川県の観光を伝統工芸九谷焼を通して皆さんにPRさせていただきました。