本文へジャンプ

活動報告

会社のOB会で石川県のお酒とお土産を提供/観光プランの作成

氏名:逢巳花堂 職業:会社員 都道府県:東京都
会社のOB会で石川県のお酒とお土産を提供/観光プランの作成
会社のOB会で石川県のお酒とお土産を提供/観光プランの作成

<会社のOB会で石川県のお酒とお土産を提供しました>

毎年初夏に、私の会社ではOB会を開催しております。昨年は石川県のお酒を三本用意しましたが、今年はあえて、石川県、奈良県、京都府からそれぞれ一本ずつ、お酒を用意しました。

石川県のお酒で用意したのは、あの「宗玄」。それも通がこだわる「無濾過生原酒」です。750mlで3千円という驚きの安さでありながら、酒本来の味をしっかりと感じさせる極上のひと品。

奈良、京都の酒もまた、無濾過生原酒のものを用意していましたので、さてOBの方々の反応はいかにと、ドキドキしながら見守っていたところ、宗玄の減りの早いこと! あるOBが、「もう一杯」と酒を取りに来た時に、「今度は何を飲まれますか? 京都や奈良のもまだ残っていますが」と尋ねたところ、「いや同じやつを飲みたい。これが美味い。どこの酒だ」と大満足の様子。「石川県のお酒です」と答えたところ、さすが石川と感心しておりました。私としても、非常に嬉しい瞬間でした。

最後は、金沢うら田の「起上もなか」をお土産に渡して終了。これもまた後から聞いたところ、OBの奥様方には「可愛らしい」と好評だったとのこと。

上長からは「昨年、今年と石川ばかりだから、たまには他のところから何か持ってこい」と指示されておりますが、いやいや、まだまだ石川県の物産でのおもてなしはやめられないな、と密かにあの手この手を考えている次第です。いまから来年が楽しみです。

<観光プランの作成>

会社の中では「逢巳はいしかわ観光特使だ」と認知されており、誰かが石川県へ行く、となると必ず自分に観光ルートの質問が来ます。その度に、メジャーなところと、初回では気が付きにくいところ、どちらも回れるような観光プランを作成しています。

2016年度は現時点で3名の実績があります。

①5月のGWに能登を車で回る、という女性
珠洲の軍艦島といったメジャーなスポットはもちろんのこと、金沢から出発するとのことでしたので、宇野気の「西田幾多郎記念館」や、七尾の青柏祭のことも 案内しました(以前にも能登を観光したと聞いていたので、意外と青柏祭のことを知らなかったのには驚きました)。あとで喜びの文章とともにメールで写真が 送られてきましたので、教えてあげてよかったと思いました。

②8月頭に金沢観光する、という女性
市内を徒歩で観光する、とのことでしたので、地図を印刷して、そこに効率よく回れるルートを書いて渡しました。兼六園や東茶屋街といった有名な場所を中心 に回れるようにしましたが、個人的にオススメな主計町や長町武家屋敷もプッシュしました。結果、非常に楽に回れたようで、感謝とともに美味しいお菓子のお 土産をいただきました。

③8月の盆休みに金沢へ行く先輩
友人と一緒に金沢へ行く、とのことで、何かオススメの場所はないか聞かれたため、歴史関係のスポットを紹介しました。


これからもどんどん案内します。