本文へジャンプ

活動報告

関東から友人たちを招き加賀の地酒と料理に舌鼓

氏名:辻 克彦 職業:会社役員 都道府県:石川県
関東から友人たちを招き加賀の地酒と料理に舌鼓

10月中旬、紅葉が美しい季節になりましたので、関東に住む、同い年(昭和46年生まれ)の会メンバー10名を招いて食事会を行いました。
料理は山代温泉で加賀料理が楽しめる割烹をチョイス。地の物を使った刺身や焼き物、温泉玉子や加賀棒茶のデザート、お酒はやっぱり私の地元である山中の地酒「獅子の里」。レディカガのおもてなしに、お酒がいつも以上に進みました。
「香箱カニが解禁になったらまた来よう!」と皆さん口々に仰っておりました。

余談ではありますが、北陸新幹線開業の効果で旅行客が増えたため、街中も活気があり経済効果も大きいことはありがたいのですが、やはり「宿泊施設が予約し難い」と不満の声もあがっておりました。
"それでも来たい"と思っていただけるように、地元色溢れるおもてなし等のさらなる付加価値をつけてアピールしてゆくというソフト面での活動も大切ですが、宿泊施設の増強や案内などハード面の整備をすることで、この特需を一過性のものにせず、リピートに繋がるのではないかと感じました。