本文へジャンプ

活動報告

金沢城初代城主 佐久間玄蕃盛政展

氏名:前田 俊也  会長 中川梓郎 職業:加賀百万石百万歩の会 都道府県:石川県
金沢城初代城主 佐久間玄蕃盛政展
金沢城初代城主 佐久間玄蕃盛政展

 いしかわ観光特使も兼ねる「加賀百万石・百万歩の会員」有志が昨年5月大分県竹田市を訪問したことがご縁で「金沢城初代城主 佐久間玄蕃盛政展」(石川県・金沢市後援)が金沢城公園河北門内で開催された(10/12~21)

 盛政は織田信長の猛将として知られ、1580年おじの柴田勝家とともに加賀の一向一揆の制圧に軍功をあげて金沢城初代城主となった。前田俊也様_02.JPGしかし、1583年に勝家と秀吉が賤ヶ岳(滋賀県長浜市)の決戦で勝家側につき捕らえられて処刑された。

 今年は、盛政が亡くなって430年の節目の年に数奇な運命をたどった佐久間家を通し会場に来られた皆さんに悠久の時を経て歴史とロマンを感じてもらえればとの思いから、盛政の子孫で大分県由布市に住む16代当主夫妻が35年かけて調べあげまとめた資料60点を展示した。
我々会員は1年3ヶ月前から受入準備体制を整え万全を期した。
10日間の展示期間中入場者数8,297名。

10月21日には谷本石川県知事を表敬、報告訪問をし無事幕を閉じた。期間中の10月14日夕方からの交流懇親会には、8月の活動報告書を見られた光眞章様(珠洲市出身・いしかわ観光特使・東京奥能登応援団代表)が友人の櫻田啓様(大分県出身・作家)を誘って出席して下さり、遠くは大分県竹田市、神戸からも出席され民間交流として大変有意義な交流懇親会であった事ご報告いたしました。