本文へジャンプ

活動報告

紀三井寺・和歌山城・高野山の旅

氏名:新田 龍人 職業:ボランティアガイド 都道府県:石川県

4月8日と9日の二日間にわたり、金沢城・兼六園研究会の研修旅行が行われ、観光特使としての活動PRを各地の観光地で行った報告をします。

紀三井寺では、専門ガイドさんに観光特使としての名刺を渡し、金沢の良さを話し、「良いところだそうですね。寒いところと聞いているが、魚介類が美味しいと聞いている。」と言っていた。私も関心はありますとのお答えであった。

一般の観光客にも名刺を渡し、石川県にもぜひ来てくださいとPRしました。

 

和歌山城では、管理の人にお会いし、石川県から来ましたと言って名刺を渡し、ぜひ石川県に来てくださいと言ったところ、「新幹線はいつですか」と質問されて説明をしました。また、一般の家族連れの方にも石川県の観光特使をしておりますと言って、名刺を渡してPRしました。

 

高野山では、観光バスの駐車場で、バス待ちのグループに、「石川県の観光特使をしております・・ぜひ石川県にも足を運んでいただきたい」と言ったら、にこにこされて、「兼六園は綺麗ですね」と言われ、グループの人たちは、「私は行ったことが無く、一度行ってみたい」と関心を示した。

ガイドさんにも「石川県にも来てください」と言ったら、金沢に親戚があり、兼六園もお城も見たが、きれいな街の印象があると言っていた。

 

小さな活動かもしれませんが、県外に出るたびに、名刺を持って出かけて、「石川県から来ました観光特使です」と言って名刺を差し出すと、歓迎してくれる事が何よりも大きな励みになります。

これからも、地味な活動かもしれませんが、小さな活動の積み重ねが大きな結果を生むと思いますので、これからも長く活動をしていきます。

我が郷土のために・・・