本文へジャンプ

活動報告

稚内いしかわ県人会ふるさと訪問

氏名:岡谷 繁勝 職業:株式会社カブトヤ代表取締役(介護保険事業所) 都道府県:北海道

県人会として、昨年やっと9月27日から9月29日までの強行日程の中、4名で「ふるさと訪問」を実現しました。

訪問先は特に決めず、金沢に住む私の従兄に連絡、到着日(27日)夜には、皆さんと一緒に「兼六荘」で会食、「懐かしい食と生活文化」に花が咲いた。(ホタルイカの醤油漬けと酒の味は…)

初めての訪問者の方のスケジュールを中心に行動しようということで、翌日タクシーをチャーター、9時出発、まずは高松(現かほく市)でブドウ園を営んでいらっしゃるお宅を訪問し、「ブドウ狩りをしよう」ということでブドウ園に入る。(もぎたては格別。一房30万円というルビーロマンはのどに詰まるほど一粒が大きく極めつけジューシーだった)

昼食は蕎麦屋さんで。そば(北海道産)と辛子大根の味もまだ口に残っています。一人は別行動でお寿司をご馳走になったそうであります。

午後から、同行者の従姉のお宅を訪問し、家族の皆さんと再会。お互いの健康を誓い合っておりました。

限られた時間なので、近江町市場に向かい土産の買い物、フグの糠漬け、サバの糠漬け、ブリのかぶらずしなどなど、そろそろ腹が求めているのか何でも食べたい感じだった。

兼六園は5時までなのでそのままタクシーで寄親亭(従兄の土産店)へ、買い物ツアーです。兼六園で記念写真を、ハイチーズ!後方では花嫁さんの記念撮影にも出会いました。

夜は、金沢駅の居酒屋さんで安着カンパーイ。同行者曰く「いい修学旅行でした。」本当に自由ないい旅でしたね。ハードスケジュールにもかかわらずお疲れ様でした。また、行きましょう。