本文へジャンプ

活動報告

「旅ぱすぽーと」、ブログやメール、句会の句誌を通して石川県PR

氏名:宮島 宣昭 職業:無職  東京都俳句連盟委員、江戸川区俳句連盟委員 都道府県:
「旅ぱすぽーと」、ブログやメール、句会の句誌を通して石川県PR
「旅ぱすぽーと」、ブログやメール、句会の句誌を通して石川県PR

  1. 自宅マンションのコミュニティ・ルームで「ひな祭り」を兼ねた「防災・共助について話しあおう。」を開催。出席者に「いしかわ観光 旅ぱすぽーと」を配布。石川、金沢の魅力をPR。特に女性陣に金沢、能登への旅行願望が多いことを再認識。
     
  2. 自らのブログのタイトル「虎落笛:千生の見たもの、したこと何でも俳句」に「&いしかわ観光特使だより」を追加。
     
  3. ブログに石川県関連のテレビ放送の予告をアップ。同じ内容を友人他、二十余人にメール。
    テレビ番組を観た友人より、「金沢って改めて良いところだと思いました。ぜひ行きたい。」との電話、メールが相継いだ。
     
  4. 所属・編集する句会「虎落笛(もがりぶえ)」<会員60名>の句誌、四月号の「編集春秋」欄に石川の観光をPRする文章を掲載した。

    自然に育まれた歴史・文化遺産。新鮮・豊富な食材と酒。奥の細道で芭蕉がもっとも長逗留をした「山中」の湯は抜群。「石山の石より白し秋の風」を詠んだ名勝「那谷寺」の佇まいも格別だ。また苔むした句碑「あかあかと日は難面も秋の風」が建つ「兼六園」の山﨑山のあたりも情緒たっぷり。ぜひ一度お訪ねください。

    「加賀」の句を五句連ねてみた。
    加賀の千代ゆかりの古刹紅椿    加賀野菜並ぶ朝市孕み猫
    花の宴こぶし廻して「加賀のひと」  春の色九谷に溢る加賀料理
    桜餅湯気の薫りし加賀棒茶