本文へジャンプ

活動報告

後援者会で能登のお土産、ポーランド訪問時に金沢をPR

氏名:荻野 康子 職業:明治安田生命保険(相) 千代田支社・千代田中央営業部 都道府県:

日頃から名詞とはがきを活用して石川県の宣伝をしています。

私が代表を務める「わいわい会」という後援者会があり、毎回20名前後集まります。今回はお土産に能登の揚げ浜塩田の焼き塩と、日本酒「宋玄」のセットにしました。

 

3月には、「調律師ーショパンの能」金沢公演でピアノを演奏した、石川県出身のピアニスト・鶴見彩さんと一緒にポーランドを訪問し、「調律師―ショパンの能」のポーランド公演が行われた聖十字架教会や、ショパンの生家などを訪問しました。

現地で日本の能楽の皆さんをお世話されたクヴァさんご家族とお会いし、金沢をPR、お土産には日本酒「加賀鳶」と和菓子・森八の詰め合わせを持参しました。ポーランドを案内してくださったお礼に、今年の9月に金沢をご案内する約束をしてきました。

ポーランドは親日家の方が多いと感じました。