ホーム > 見附島

ここから本文です。

見附島 (みつけじま)

マイ旅プラン目的地に追加

自然・景観 レジャー 能登 夏 口コミ

 弘法大師が布教のために、佐渡から能登へと渡る際に発見したといわれている島です。最初に「目についた島」というのが名前の由来で、能登のシンボルとしても慕われています。先端部分が突き出たその姿から「軍艦島」とも呼ばれています。島の周辺に、レストハウス、園地、遊歩道が整備されており、夏には海水浴場やキャンプ場も開設され、海岸に沿って国民宿舎「のとじ荘」などもあります。

見附島

見附島

見附島の朝日

見附島の朝日

ライトアップされた見附島

ライトアップされた見附島

上空から見た見附島

上空から見た見附島

施設情報

住所

〒927-1222 石川県 珠洲市 宝立町鵜飼

電話番号

0768-82-7776(珠洲市観光交流課)

交通アクセス

能登空港より車で40分
北鉄奥能登バス 宇出津真脇特急「南鵜飼」下車、徒歩8分
北鉄奥能登バス 珠洲特急「珠洲鵜飼」下車、徒歩17分

駐車場

200台

地図

  • スポット
  • グルメ・お土産
  • イベント
  • 宿泊施設
  • 駐車場

周辺観光スポットの口コミ情報

当サイトに掲載している見附島のクチコミはトリップアドバイザーからの提供です

近隣情報

イベント

宿泊施設

一覧に戻る