ホーム > ボラ待ちやぐら

ここから本文です。

ボラ待ちやぐら (ぼらまちやぐら)

マイ旅プラン目的地に追加

自然・景観 能登

 天文学者パーシバル・ローエルが、著書「NOTO」の中で「怪鳥ロックの巣のようだ」と表現した漁業用のやぐらです。やぐらの上で終日、ボラ(魚の一種)の群れを見張り、網をたぐるという原始的な漁法で、最盛期には、町内に40基を超えるやぐらが立てられていました。1996(平成8)年秋を最後に、この漁法を行う漁師はいなくなりましたが、2012(平成24)年の秋に漁が再開されました。
 現在、国道249号の根木、中居ポケットパークと潮騒の道で、ボラ待ちやぐらを見ることができます。

施設情報

住所

石川県 鳳珠郡穴水町 根木、中居、内浦地内

電話番号

0768-52-3790 (穴水町役場企画情報課)

FAX番号

0768-52-0395

交通アクセス

穴水駅より北鉄奥能登バス乗車、中居南下車。徒歩3分(中居ポケットパーク)

地図

  • スポット
  • グルメ・お土産
  • イベント
  • 宿泊施設
  • 駐車場

周辺観光スポットの口コミ情報

当サイトに掲載しているクチコミはトリップアドバイザーからの提供です

近隣情報

イベント

宿泊施設

一覧に戻る