ホーム > 名舟大祭

ここから本文です。

名舟大祭 (なふねたいさい)

祭り 文化・芸術イベント 能登 夏

夏の輪島を彩る祭り。 海上に建立された鳥居まで漁船に乗った神輿が海上渡御し、子供組から若衆組と御陣乗太鼓の奉納打ちが披露される。名舟町に古くから伝わる太鼓で、天正5年(1577年)、上杉謙信の能登攻略のとき、古老の一計で、奇妙な面を付け、陣太鼓を打ち鳴らし上杉軍に奇襲をかけ敗走させたのが始まりといわれる。御陣乗太鼓の伝承は地元に生まれたものにしか資格がなく、地元の子供たちは週2回、大人は毎晩太鼓の練習をしている。毎年7月31日~8月1日の名舟大祭で太鼓がたたかれるほか、「道の駅・輪島 ふらっと訪夢」(実演会場が変更になることがあります)にて午後8時30分から実演されます(荒天の場合は中止になることがあります)どうぞおいでください。

イベント情報

開催日

2017年7月31日から2017年8月1日まで

開催時間

21時00分~翌2時00分

開催地住所

石川県 輪島市 名舟町

交通アクセス

能登有料道路穴水I.Cより車で約40分

駐車場

名舟港

お問い合わせ

お問い合わせ先

輪島市観光課

地図

  • スポット
  • グルメ・お土産
  • イベント
  • 宿泊施設
  • 駐車場

周辺観光スポットの口コミ情報

当サイトに掲載しているクチコミはトリップアドバイザーからの提供です

近隣情報

イベント

宿泊施設

一覧に戻る