ホーム > 徳保の千本椿

ここから本文です。

徳保の千本椿 (とくぼのせんぼんつばき)

マイ旅プラン目的地に追加

自然・景観 能登 春

 徳保神社の社叢林(しゃそうりん)は、小規模ながら自然林が保存されており、特にヤブツバキの群生地が有名です。樹高12メートル、周囲1.6メートルの大木もあります。2月下旬から4月にかけて、あたり一面に真っ赤な花が咲き乱れることから「徳保の千本椿」と呼ばれています。
 ヤブツバキは、能登半島の沿岸地域でよく見られますが、珠洲市には群生地が特に多いため、「市の花」とされています。

徳保の千本椿

徳保の千本椿

施設情報

住所

〒927-1301 石川県 珠洲市 高屋町

電話番号

0768-82-7776(珠洲市観光交流課)

交通アクセス

能登空港より車で65分
北鉄奥能登バス 木の浦線「徳保」下車、徒歩5分

駐車場

10台(無料)

地図

  • スポット
  • グルメ・お土産
  • イベント
  • 宿泊施設
  • 駐車場

周辺観光スポットの口コミ情報

当サイトに掲載しているクチコミはトリップアドバイザーからの提供です

近隣情報

イベント

宿泊施設

一覧に戻る